シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

バルサ名誉ファン城田優、スペイン訪問時には「みんな日本を気遣ってくれた」とチームの温かさに感激

バルサ名誉ファン城田優、スペイン訪問時には「みんな日本を気遣ってくれた」とチームの温かさに感激
名誉ファンになったときは、「卒倒するかと」というほどうれしかったという城田優

 9日、FCバルセロナ来日イベントの一環として、東京のNIKEフラッグシップストア原宿で開催されたトークショーに、FCバルセロナの名誉ファン世界第一号に認定された、タレントの城田優が登場し、チームの魅力、そして、スペインを訪れた際のエピソードを披露した。

 城田はこの日、バルセロナを訪れた際にプレゼントされたという、城田の母の苗字で「YU FERNANDEZ」とプリントされたユニフォームを着て登場。世界でただひとつという、背番号「25」の周りには、カルレス・プジョルやリオネル・メッシなど有名選手たちのサインがびっしりと書き込まれており、観客からは「すごい!」と大歓声が上がった。

 幼少時代をバルセロナで過ごしていた城田は、当時、選手たちのサッカーカードを夢中で集めていたという、筋金入りの大ファン。数多くいるFCバルセロナのファンの中から、名誉ファンの世界第一号に選ばれた喜びを「子どものころの僕が知ったら、きっと卒倒したと思います。今でも信じられないくらい光栄です!」と語った。そして、もうひとつの故郷であるスペインのためにと、自ら作詞、作曲、編曲を手掛けたFCバルセロナへの応援ソングを初披露。原宿のNIKEショップに爆音で響き渡った自分の曲に、「ちょっと恥ずかしいなあ」と顔を赤らめた。

 イベントの最中には、NIKE FOOTBALLから城田に、FCバルセロナのアンドレス・イニエスタ選手と同じモデルのスパイクが手渡される一幕も。チームの中でイニエスタ選手が一番好きだという城田は、うれしいサプライズプレゼントに、少年のような笑顔を見せた。

 その後、8日に開幕した、クラブ世界一を決める「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」出場のため、間もなく来日する予定の欧州の王者、FCバルセロナの強さの秘密について聞かれた城田は「彼らは小さなころから、ずっと一緒にプレーし続けてきた家族同然のチームなんです。僕がスペインを訪れたときも、みんなが口々に日本の震災を気遣ってくれた。そういう人間らしい温かさ、家族を思う気持ちが、彼らの強さにつながっていると思います」とその魅力を熱弁。トヨタW杯への期待を聞かれると、「FCバルセロナのファンとしては、もちろんバルセロナに勝って欲しい! でも、やっぱり面白くて熱い試合が観たいので、できることなら柏レイソル対FCバルセロナの試合が観たいです!」とオセアニア王者のオークランドを下した柏レイソルにもエールを送った。

 ナイキは、FCバルセロナの魅力を、日本のフットボールファンに伝えるべく、大会期間中、NIKE FOOTBALL公式facebookにてFCバルセロナの来日記念キャンペーン「勝利以上の熱狂がここにある」を展開中。城田をはじめとする、各界のバルサ通がキャンペーンを盛り上げる予定だ。(編集部:森田真帆)


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 9日
  5. バルサ名誉ファン城田優、スペイン訪問時には「みんな日本を気遣ってくれた」とチームの温かさに感激