シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

Berryz工房・熊井友理奈、℃-ute・鈴木愛理主演映画『王様ゲーム』でメンバーが言いたい放題!?(1/2)

Berryz工房・熊井友理奈、℃-ute・鈴木愛理主演映画『王様ゲーム』でメンバーが言いたい放題!?
(左)熊井友理奈と(右)鈴木愛理

 17日、映画『王様ゲーム』の初日舞台あいさつがシネ・リーブル池袋にて行われ、ダブル主演を務めた人気アイドルグループBerryz工房の熊井友理奈と、℃-uteの鈴木愛理が制服姿で登壇。物語にちなみ、謎の“王様”からの無茶!? な命令に、各グループ内の秘密が暴露されるシーンもあり場内からは歓声が上がった。同舞台あいさつには、嗣永桃子・清水佐紀・徳永千奈美・須藤茉麻・菅谷梨沙子(以上Berryz工房)、矢島舞美・萩原舞(以上℃-ute)、桜田通、鶴田法男監督も出席。登壇予定だったBerryz工房の夏焼雅は体調不良のため欠席した。

 見知らぬ“王様”から届く絶対服従の命令。もし背いたなら抹消という罰が待ち受けている。そんな学園ホラーの主人公・智恵美を好演した熊井は「初めて出演の話を聞いたとき、良くない!? 王様ゲームを想像してしまった」とやや天然なところを見せつつも「台本を読んですごくおもしろいと思ったし、原作はすごい人気作品だったので、プレッシャーがありました」と撮影当時を振り返る。それでも「スタッフさんや出演者のみんなに支えられて何とか演じることができました。でも、まだ自分がスクリーンに出ているのには実感がわきませんが……」と笑顔。

 一方、謎めいた智恵美のクラスメイト・莉愛を演じた鈴木は「わたしが演じた役は、原作でもファンが多いと聞いていたので、イメージを崩さないように必死でした」と役作りのポイントを挙げる。そんな難しい状況の中でも「(原作にはない)映画ならではの部分も演じられたのでは」と自信をのぞかせる。

 それぞれのメンバーが映画の感想や役柄について語る中、前回の完成披露試写の時にも、その強烈なキャラを見せつけた嗣永が、今日も突き進む。「もし、ももちが王様になったら、惜しくも2011年の流行語大賞ではノミネートもされなかった『許してニャン』を2012年には、はやらせたい!」とお約束のポーズ。ここから舞台あいさつの雰囲気は変わり、サプライズで行われた謎の王様からの命令に、登壇者たちは言いたい放題。桜田が「ケータリングのとき、むちゃくちゃ食べているメンバーがいた」と暴露すると、嗣永は「わたしとは言いませんが、撮影前と後では3キロ太っちゃいました」とカミングアウト。そんな嗣永を見て「抹消したいことを言いなさい」という命令を受けた徳永は「はやりもしない『許してニャン』を抹消したい」と挑発。その後も萩原が「わたしは性格が悪い部分があるので、そこを抹消したい」と発言したり、嗣永が理想のクリスマスの過ごし方を延々と語るシーンがあるなど、場内は爆笑に包まれた。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 12月
  4. 17日
  5. Berryz工房・熊井友理奈、℃-ute・鈴木愛理主演映画『王様ゲーム』でメンバーが言いたい放題!?