シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

お正月CM女王の武井咲、家でテレビを見ていて自分の露出の多さにびっくり

お正月CM女王の武井咲、家でテレビを見ていて自分の露出の多さにびっくり
「結構自分が出てくるな」とお正月の自身のCMについてコメントした武井咲

 11日、東京ビッグサイトで「第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞」表彰式が行われ、特別賞女性部門として少女時代が、10代部門で武井咲が受賞した。

 過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」「今後もさらにジュエリーを身につけてほしい人」を世代別に選出する本賞。10代部門で受賞したのは、1月1日から3日のお正月のCM女王に輝いた武井だった。武井本人も「ビックリしました。お正月は家にいたんですけど、家にいると結構自分が(テレビに)出てくるなと思って。お正月用のCMをたくさん撮ったんだなと思うとうれしかったですね」と笑顔でコメント。

 さらに、NHK大河ドラマ「平清盛」への出演も話題となっている武井は「2012年はやっぱり芝居をやりたいと思います。大河は女優として勉強となるので、しっかりとやり遂げたい」と決意を語った。

 一方、世のK-POPブームを反映して、特別賞には少女時代が選出。会見場に現れたメンバーは、全員日本語で「コンバンワ! 少女時代です」とあいさつすると、「グループとして賞をいただくのは初だと聞いているのでうれしいです。ジュエリーが嫌いな女の子は誰もいないですから、このような素晴らしい賞をいただいて光栄です」と喜びのコメント。

 オリコンが発表した2011年のCDアルバム年間ランキングで「Girls Generation」が5位を記録、さらに韓国グループ初となるミリオン達成も報じられるなど、目覚しい活躍を見せている少女時代。メンバーは、「皆さんにたくさん愛していただいたので、また新しいアルバムで新しい姿をお見せしたい。期待して待っていてくださいね」と日本ファンへメッセージ。そして、「去年、わたしたちはアリーナツアーをしましたけど、今年はできればワールドツアーをしたいと思います」と2012年の決意を語っていた。(取材・文:壬生智裕)

「第23回 日本 ジュエリーベストドレッサー賞」受賞者は以下のとおり

10代部門:武井咲
20代部門:大島優子(AKB48)
30代部門:米倉涼子
40代部門:檀れい
50代部門:余貴美子
60代以上部門:浅丘ルリ子
男性部門:佐藤浩市
特別賞女性部門:少女時代
特別賞男性部門:本田圭佑選手


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 1月
  4. 12日
  5. お正月CM女王の武井咲、家でテレビを見ていて自分の露出の多さにびっくり