シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

レイチェル・ワイズ、ロレアルの雑誌広告が禁止に

レイチェル・ワイズ、ロレアルの雑誌広告が禁止に
イギリスの化粧品広告って難しいのよね - レイチェル・ワイズ

 レイチェル・ワイズがモデルを務めている化粧品大手ロレアルの広告が、商品を過大に広告しているとして英広告基準局(ASA)から掲載禁止の決定を下されてしまった。

 レイチェルがモデルを務めているのは、ロレアルのアンチ・エイジング・クリーム「リヴァイタリフト・リペアー・10」で、雑誌に掲載されている広告は2ページにわたりレイチェルの写真を使い、「肌はよりなめらかに、つややかに」「それはフェイスリフト(整形)ではなく、リヴァイタリフト(活性化)です」と宣伝している。

 この広告に対し、英自由民主党の議員、ジョー・スウィンソン氏がASAに過大広告を提言。レイチェルの写真は編集で変えられており、広告の文句通り、“肌がよりなめらかに、つややかに”見えるよう処理されているとして、「商品の効果を過大に語り誤解を招く」と掲載禁止を求めた。

 ロレアル側は、ASAがかつて、美容広告ではライティングを使って商品をよく見せることは可能であると判断したことを挙げ、今回の写真撮影には多くのライティングなどを使い、より美しく見えるように努力したと反論。これに対しASAは、商品を美しく見せるために写真の処理を行うことは認めながらも、「その効果が、商品の持つ効果を過大に表現していない限りにおいて」と注釈をつけ、レイチェルの写真は肌のなめらかさやつややかさを大きく変えた過大広告となっているとして、今後、現行の形でのこの広告の雑誌掲載を禁止する決定を下した。

 英ガーディアン紙によると、ジョー・スウィンソン議員はこれまでにも、ジュリア・ロバーツが出演したロレアルの雑誌広告で過大広告を申し立てて掲載を禁じさせたり、メイベリンのファンデーションの広告に出演したクリスティー・ターリントン出演の広告がデジタル処理されているとして禁止させるなど、女優やモデルたちを美しく見せすぎている広告に断固として反対の姿勢を貫いている。スウィンソン議員は「美容や広告に関連する業界は、不誠実なイメージで消費者から詐取するのを止めるべきです。広告には、いろいろな肌の色や体型、サイズや年齢といった多様性を用いるべきです。消費者はこうしたブランドに対し、真実を求めています。広告写真は、偽物を使わずとも消費者を刺激できるはずです」と語っている。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 5日
  5. レイチェル・ワイズ、ロレアルの雑誌広告が禁止に