シネマトゥデイ

ドストエフスキーの原作「分身」の映画化作品で、ジェシー・アイゼンバーグとミア・ワシコウスカがタッグ!

ドストエフスキーの原作「分身」の映画化作品で、ジェシー・アイゼンバーグとミア・ワシコウスカがタッグ!
主演に決定したジェシー・アイゼンバーグとミア・ワシコウスカ - (左)John Sciulli / Getty Images (右)Jordan Strauss / WireImage / Getty Images

 小説「罪と罰」や「カラマーゾフの兄弟」などでおなじみのロシアの文豪ドストエフスキーの原作「分身」の映画化作品に、映画『アリス・イン・ワンダーランド』のミア・ワシコウスカの出演が決定したことがDeadline.comによって明らかになった。

 これは、英国の制作会社Film 4のもとで製作予定の作品で、人気テレビドラマ「ハイっ、こちらIT課!」に出演し、映画『サブマリン(原題) / Submarine』で監督デビューを果たしたリチャード・アイオアディがメガホンを取り、彼と映画『ミスター・ロンリー』のアヴィ・コーリンが共同で脚本を執筆することになり、キャスティングではすでに決定しているジェシー・アイゼンバーグのほかに、新たに今回ミア・ワシコウスカが加わることになった。

 原作のストーリーは、5等文官の娘クラーラに恋した自意識過剰で社交下手のゴリャートキンは、同じ職場に同姓同名で、うり二つの顔をした上司に人気のある新ゴリャートキンが登場したことで、旧ゴリャートキンが狂気に陥っていく様を描いたドストエフスキー初期の頃の作品。この娘クラーラ役をミア・ワシコウスカ、ゴリャートキン役をジェシー・アイゼンバーグが演じるようだ。

 製作は、映画『アイランド』のアミナ・ダスマルとロビン・フォックスが担当し、撮影は今年の4月から英国で行われることになっている。ドストエフスキーの潜在的な才能を見せつけた原作が、どのように映画化されていくのか楽しみだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク