シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

故ホイットニー・ヒューストンさん、最後のレコーディング曲が映画のサントラへ

故ホイットニー・ヒューストンさん、最後のレコーディング曲が映画のサントラへ
ホイットニー・ヒューストンさん - Miguel Villagran / Getty Images

 11日に亡くなったホイットニー・ヒューストンさんが最後にレコーディングした楽曲2曲が、ホイットニーさんの15年ぶりの映画出演作『スパークル(原題)/Sparkle』のサウンドトラックへ収録される。

 この映画は、1976年の同名映画のリメイク版で、人気オーディション番組「アメリカン・アイドル」で優勝したジョーダン・スパークスが主演を務める。ホイットニーさんも主人公スパークルの母親役として15年ぶりに映画出演しており、今年8月に全米公開となる予定。ホイットニーさんは生前、本作のために2曲の歌をレコーディングしていたが、それが最後のレコーディングとなってしまった。

 ホイットニーさんが残した曲は、1曲が映画のエンド・クレジットでかかる予定の「Celebrate」で、もう1曲はジョーダンとデュエットしたゴスペル曲「主は雀を見守り給う」。この2曲はサウンドトラックに収録され、発売予定。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 2月
  4. 15日
  5. 故ホイットニー・ヒューストンさん、最後のレコーディング曲が映画のサントラへ