シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ダコタ・ファニング、「プライバシーを重視するからSNSには絶対に参加しない」

ダコタ・ファニング、「プライバシーを重視するからSNSには絶対に参加しない」
Facebookもツイッターもやらないわ! - ダコタ・ファニング - Stephen Lovekin / Getty Images

 ニューヨーク大学に在学中の18歳のダコタ・ファニングが、プライバシーを重視するためツイッターなどは絶対にしないと語った。

 「わたしがどこにいて、何をしているかを人に伝える必要性なんてないわ。みんなプライバシーがほしいという割には、自分がどこにいるかを伝えたりしている。とにかく、わたしには向いていないと思う。Facebookもツイッターもやっていないし、今後も絶対にやらない。偽者が十分にいるでしょう。ツイッターでもみんなが満足できるくらいダコタ・ファニングであふれているわ」とコメントしている。

 ダコタはワンダーランド誌のインタビューで、自分を子役だと思ったことはないとも言っている。「子役っていう言葉自体、とても不自然な響きがあると昔から思っていたし、自分が子役だと思ったことはないわ。6、7歳のときも自分は女優だと思っていた」と語る。ただ、世間はやはり子役と考えていたようで、18歳になってからはオファーされる役の幅が広がったようだ。

 ダコタが女優を仕事にできると思ったのは映画『I am Sam アイ・アム・サム』に出演したときらしい。「あの年齢で、他人を演じているところを撮られて自然体でいられるというのは、そこが自分の居場所だということ。あの映画は『わたし、この仕事を一生続けていける』って気付かせてくれた映画なの」と語った。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 4月
  4. 2日
  5. ダコタ・ファニング、「プライバシーを重視するからSNSには絶対に参加しない」