シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

藤原竜也「地獄のような毎日だった」とボヤキ節… でも監督は「最高だった」と大絶賛!

藤原竜也「地獄のような毎日だった」とボヤキ節… でも監督は「最高だった」と大絶賛!
NGの多さに参った様子の藤原竜也

 17日、藤原竜也主演最新作『I’M FLASH!』の完成披露試写会が都内で行われ、藤原が豊田利晃監督と登壇し、過酷だった撮影現場での思い出や、松田龍平と共演できた喜びなどを語った。

 本作は以前より豊田監督作品のファンだった藤原がタッグを切望し、その思いを実らせ出演した人間ドラマ。藤原ふんする新興宗教団体の若き3代目カリスマ教祖・ルイを取り巻く事件や、隠された教団の陰謀など、波乱の運命を描く。ルイに興味を抱くボディーガードを松田龍平、ルイに近づく謎の美女を水原希子が演じるほか、板尾創路や大楠道代、永山絢斗ら個性派が顔をそろえている。

 藤原は「(監督と)会うたびに一緒に何か面白いことができないか話していて、今回実現させてもらいました。久しぶりに、一流の映画人の方々に囲まれて、ドロドロともまれながら撮影しました」と満足げな表情。しかし撮影は相当過酷だったそうで「今振り返っても、地獄のような毎日。『ここまでOKが出ないか?』と思うぐらいNGを出された」と当時を振り返り苦笑した。

 また、藤原は、豊田監督作品への出演は3回目となる共演の松田について「この映画に関わった大きな収穫のひとつに、彼と共演できたことがあります」と初共演できた喜びを吐露。さらに「豊田組に慣れている龍平なんて、ちょっとしゃべっただけでOKを出されていた。危険なシーンを撮り終わった後、監督は僕をスルーして、『龍平、良かったよ』と言っていたし……(笑)」と再び豊田監督にボヤキ節。そんな過酷な撮影を経て、藤原は豊田監督に対して「憎悪と尊敬を感じた」とまで明かした。

 そんな藤原からのボヤキ節を、余裕の表情で聞いていた豊田監督は「(藤原の演技は)最高でした」と褒め称えた後、「藤原君は、(藤原を舞台役者として育てた演出家の)蜷川幸雄さんの呪いがかかり過ぎていた。(撮影中は)その呪いを解く時間だったのかな」と舞台役者としての演技が染みついていた藤原を鍛え直す意図を持っていたことを説明。そして「試写を観た方から、藤原君がすごく良かったと言ってもらえている。ほっとしました」と笑顔を見せていた。

 映画『I’M FLASH!』は『空中庭園』『蘇りの血』などの豊田利晃監督が、ロックバンド「シーナ&ザ・ロケッツ」の鮎川誠の楽曲「I’M FLASH」にインスパイアされ、脚本・監督を務めたオリジナル作品。(古河優)

映画『I’M FLASH!』は9月全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 5月
  4. 17日
  5. 藤原竜也「地獄のような毎日だった」とボヤキ節… でも監督は「最高だった」と大絶賛!