シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

水樹奈々、共演者のボーイズラブ疑惑にニヤニヤ暴走! 「さっきカップルシートで一緒に映画観ているの見たよ」

水樹奈々、共演者のボーイズラブ疑惑にニヤニヤ暴走! 「さっきカップルシートで一緒に映画観ているの見たよ」
舞台あいさつに登場した監督と出演者達

  2日、アニメ映画『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』の初日舞台あいさつが新宿ピカデリーで行われ、声優を務めた水樹奈々、野島健児、神谷浩史、橋本愛、そして塩谷直義監督が登壇。トーク中に思わぬ野島と神谷とボーイズラブ疑惑が浮上し、水樹のテンションがあがりっぱなしの舞台あいさつとなった。

 上映終了後にキャストが勢ぞろいした壇上で、水樹が客席に向かって「いかがでしょうか?」と語りかけると、会場から一斉に「最高!」と歓声が沸き起こるなど大盛り上がり。テレビ版の最終話から6か月後を描いた本作で、覚醒した小夜を熱演した水樹は「劇場版からは別人なので、鼻歌を歌っていたころがなつかしい」と笑いを誘いつつ、「テレビシリーズとはアプローチが違うけど、中身は一緒で誰かのために戦っているのが魅力的な女の子だなって思います」と愛着たっぷりに語った。

 一方、神谷は演じる殯蔵人(もがりくろと)が野島演じる七原文人に向かって最後に言う重要なセリフを暴露。劇中ではほぼ聞き取ることができず台本にも書かれていない幻のセリフで、神谷は「蔵人はゆがんだ愛の持ち主で、実は最後に『俺は文人と一緒に界を牛耳りたかった』的なことを行っています」と2人のボーイズラブを匂わす意味深な告白。するとすかさず水樹が「さっき舞台あいさつ前にふたりがカップルシートで座って本編を観ている所を見た」と大はしゃぎで、「あれ役作りなんだー」と2人をチラチラと見ながらニヤケが止まらない様子だった。

 そんな和気あいあいとした壇上で声優初挑戦となった女優の橋本は「改めて声優さんを尊敬しました。(今まで)芝居では動きがあってのセリフだったので、新しい形に出会えました」としみじみとあいさつ。プロの声優たちと並んで、「(わたしは)多分浮いているんだろうなって思います」とはにかみつつ、「また声優やりたいですか?」という司会者の問いかけには「はい、機会があれば」とうなづいていた。

 同作はアニメーションスタジオ「Production I.G」が手掛ける、アニメ『BLOOD』シリーズの最新作『BLOOD-C』の劇場版。人知れず異形のものたちと戦う運命を背負った少女・小夜の姿を描く。(取材・文:中村好伸)

映画『劇場版 BLOOD-C The Last Dark』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 2日
  5. 水樹奈々、共演者のボーイズラブ疑惑にニヤニヤ暴走! 「さっきカップルシートで一緒に映画観ているの見たよ」