シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

伝説のスナイパーが日本刀を手に近藤勇と対決!? 人気小説シリーズの異色作が映画化か

伝説のスナイパーが日本刀を手に近藤勇と対決!? 人気小説シリーズの異色作が映画化か
シリーズファンからの「なぜこの話を?」の声が聞こえてきそうな企画 - Orlando / Hulton Archive / Getty Images

 アメリカ人の伝説的スナイパーが、刀を手に日本で戦いに身を投じる姿を描く小説「四十七人目の男」の映画化が企画されていると、ハリウッド・リポーターが報じた。

 本作は、ベトナム戦争に従軍した伝説のスナイパー、ボブ・リー・スワガーの活躍を描く、冒険小説シリーズの一編。1作目はマーク・ウォールバーグ主演で『ザ・シューター/極大射程』のタイトルで映画化もされている。作者で映画評論家としても知られる作家スティーヴン・ハンターが、日本の侍映画に感銘を受けたことをきっかけに書かれた。

 ストーリーは、第2次世界大戦で自分の父と戦った日本兵の刀を親族に返すため日本に降り立ったスワガーが、その刀をめぐる、ポルノ業界やヤクザが絡む争いに巻き込まれるというもの。敵がいわゆるAV業界のドンで、伝説のスナイパーが近藤勇と名乗る殺し屋集団の頭領になぜか刀で戦いを挑むなど、シリーズの中でもかなりの異色な設定の作品となっている。

 そのほかにも、自衛隊の精鋭とスワガーが刀を手に敵の本拠地に殴り込みを掛けたりと、映像化の際にどんな場面になるのか想像もつかない描写が登場。実現すれば、日本人からするとかなり違和感のある作品となりそうだ。

 映画のタイトルは『ザ・ソード(原題) / The Sword』となる予定で、製作を手掛けるニュー・リージェンシーは、脚本家に『96時間』のロバート・マーク・ケイメンを抜てきしたという。そのあまりにトンデモな設定もあり、シリーズファンにとっては不安の方が大きいかもしれない。(編集部・入倉功一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 8日
  5. 伝説のスナイパーが日本刀を手に近藤勇と対決!? 人気小説シリーズの異色作が映画化か