シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

映画初主演の三根梓、感極まって号泣!「見放さないでくれた方々に感謝」

映画初主演の三根梓、感極まって号泣!「見放さないでくれた方々に感謝」
舞台あいさつ中に涙を流した三根梓

 9日、映画『シグナル~月曜日のルカ~』初日舞台あいさつが新宿ピカデリーにて行なわれ、映画初出演ながら初主演を果たした三根梓、西島隆弘(AAA)、高良健吾、白石隼也、そして谷口正晃監督が登壇。感極まって涙する三根を優しく見守る西島と高良の姿が印象的な舞台あいさつとなった。

 1,000本を超えたという映画のPR活動では緊張しながらも爽やかな笑顔で頑張ってきた三根。しかし、ついに訪れた公開初日ということで、登壇時から感極まった表情。そして「わたしはこの作品でお芝居を経験し、今日公開を迎え……」と語り始めると、我慢していた表情は一気に崩れ、大粒の涙が頬を伝った。

 それでも「感謝の気持ちでいっぱいです。何も経験のないわたしにいつも声援を送ってくださったたくさんの方々や、何度NGを出してもあきれることなく、見放すこともなく真剣に向き合ってくださった監督やスタッフ、共演者の方々のおかげでこの映画が完成しました。その映画が今日、公開を迎えられて感激しています」と力強くコメントした。

 それを隣で見ていた西島は「僕の相手役が三根さんで本当に良かった。女優デビューおめでとう。とても純粋な方なので、今の気持ちを失わないで頑張ってください」と優しい眼差しでエール。また劇中では三根演じるルカを苦しめる役を演じた高良も「三根さんの緊張が現場でも伝わってきました。(今日を迎えられて)おめでとうございます。初日っていいですね」と笑顔で俳優の仲間入りを果たした三根を歓迎した。

 また本作の台湾での公開決定が発表されると谷口監督は「愚直で心を込めて演じてくれた役者たちに感謝です。そういうことが海外でも認められたことはうれしいですね」と破顔一笑。三根の初々しい姿には、登壇者が口をそろえて「初日っていいですね」と口にしていた。

 本作は関口尚の同名小説を、映画『時をかける少女』の谷口正晃監督で映画化した青春ミステリー。(磯部正和)

映画『シグナル~月曜日のルカ~』は新宿ピカデリーほか全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 9日
  5. 映画初主演の三根梓、感極まって号泣!「見放さないでくれた方々に感謝」