シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「マジンガーZ」石丸博也&「デビルマン」田中亮一39年ぶりタッグ!下手なことでも好きなら諦めるな!

「マジンガーZ」石丸博也&「デビルマン」田中亮一39年ぶりタッグ!下手なことでも好きなら諦めるな!
孫世代!?に熱いエール!-石丸博也と田中亮一(左から)

 20日、都内スタジオで、ブルーレイ「マジンガー THE MOVIE Blu-ray 1973~1976」のCMアフレコ収録が行われ、「マジンガーZ」で兜甲児を演じた石丸博也と、「デビルマン」で不動明を演じた田中亮一という、二人の声優が39年ぶりの共演を果たした。

 「マジンガーZ」「デビルマン」生誕40周年を記念して、『マジンガーZ対デビルマン』『マジンガーZ対暗黒大将軍』『グレートマジンガー対ゲッターロボ』『UFOロボ グレンダイザー対グレートマジンガー』『宇宙円盤大戦争』など劇場版7作品が、このたびブルーレイボックス化。石丸と田中は、7月にオンエア予定のCMナレーションを務め、『マジンガーZ対デビルマン』以来という、39年ぶりの共演が実現した。

 40年を経てなおファンから愛される両作品。田中は「オーディションで決まったわけでもないし、やれと言われたからやっただけ。それがみんなから支持されているのは、うれしいことだと思いますよ。だいたいあのころは若い声優なんていなかったんだから。たまたま少年の声が出せるから使ってもらっただけ」とコメント。石丸も「今なら一発でクビだね。よくやってこられたと思うよ」とトボけたコメントで会場を沸かせる。

 また石丸は、「当時アニメ一本のギャラが3,000円。そこから税金1割、事務所が2、3割を引いていく。こんなひどい世界はないよ。だからストをやったりして闘ってきた。(劇中で)機械獣に叫んでいたのは、まさに心の叫びだよ」と冗談交じりに述懐。

 それでもこの仕事を続けてきたのは「やっぱり好きだったからだろうね」と語ると「俺、すぐにトチるからトチ丸と呼ばれていたけど、自分は他に何もできないからさ。しがみついて、一生懸命にやるしかなかった。俺みたいに下手なやつでも、頑張ればうまくできるようになるんだよ。好きなことなら、諦めないで続ければいい。続けていれば何とかなるから。これが子どもたちに言いたいことだね。あ、違えや、孫にか」と若い世代にエールを送った。(取材・文:壬生智裕)

「マジンガー THE MOVIE Blu-ray 1973~1976」は10月21日発売予定 価格 1万5,750円(税込み)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 6月
  4. 20日
  5. 「マジンガーZ」石丸博也&「デビルマン」田中亮一39年ぶりタッグ!下手なことでも好きなら諦めるな!