シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ドライヴ』のオスカー・アイザック、アクション・スリラー映画でヴィゴ・モーテンセンと共演か?

『ドライヴ』のオスカー・アイザック、アクション・スリラー映画でヴィゴ・モーテンセンと共演か?
共演なるか? - オスカー・アイザックとヴィゴ・モーテンセン - Jim Spellman / WireImage / Vittorio Zunino Celotto / Getty Images

 映画『ドライヴ』のオスカー・アイザックが、アクション・スリラー映画『ツー・フェイセス・オブ・ジャニュアリー(原題) / Two Faces Of January』でヴィゴ・モーテンセンと共演する方向で交渉に入っていることをVarietyが明らかにした。

 原作は「太陽がいっぱい」「見知らぬ乗客」などの映画化で知られるパトリシア・ハイスミスの同名小説(邦題「殺意の迷宮」)。警察の追及を逃れて、妻とともにアメリカからギリシャにやってきた詐欺師が、尋問に来た地元刑事を殺してしまうが、その現場をアメリカ人の青年が目撃する。ところが青年は通報するどころか逃亡に手を貸し、詐欺師とその妻、青年の三人はクレタ島に逃れるが、三人の人間関係のバランスが少しずつ崩れていき、やがて悲劇が起こる、というストーリー。主演交渉中といわれているヴィゴ・モーテンセンが詐欺師、オスカー・アイザックがアメリカ人青年を演じると思われる。

 監督は『ドライヴ』でオスカー・アイザックとタッグを組んだ脚本家ホセイン・アミニ。この作品で脚本を書くと同時に映画監督デビューを果たすことになる。

 撮影は今年末から開始の予定。パトリシア・ハイスミスの原作と聞いただけで、映画ファンにはわくわくさせる要素のいっぱいな作品だ。(後藤ゆかり)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 2日
  5. 『ドライヴ』のオスカー・アイザック、アクション・スリラー映画でヴィゴ・モーテンセンと共演か?