シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

佐々木希、西表島での撮影中に遭遇した恐怖体験を激白!

佐々木希、西表島での撮影中に遭遇した恐怖体験を激白!
撮影中の恐怖体験を明かした佐々木希

 14日、椎名誠の小説を原作にしたコメディー映画『ぱいかじ南海作戦』の初日舞台あいさつが都内で行われ、主演の阿部サダヲ、佐々木希、永山絢斗、貫地谷しほり、細川徹監督が登壇し、和気あいあいと撮影現場を振り返った。

 本作は、失業と離婚で人生につまずいた主人公・佐々木(阿部)が、気分転換に訪れた西表島でサバイバルを繰り広げたり、仲間と交流したりするさまを描いた作品。そんな佐々木となぜか生活を共にすることになった世間知らずな若者オッコチを永山が、関西弁をしゃべる女の子アパとキミをそれぞれ貫地谷と佐々木が演じている。原作を忠実に再現するため、撮影はすべて西表島で行われた。

 この日、シックな黒のワンピースで登場した佐々木は、撮影時を振り返り「毎晩、夜中の2時か3時ごろにインターホンが鳴って、出ても誰もいないということが3日連続でありました」と恐怖体験を告白。続けて「犯人は阿部さんと永山さんでした。ドアから顔を出したとき、隣の永山さんのドアが閉まったんです」と語ると、永山は「あれは、阿部さんが押したんですよ」ととぼけ顔。すかさず阿部が「何でウソつくんですか!」と突っ込んで会場の笑いを誘っていた。

 また、「一歩踏み出せば、人生は変えられる」という今作のテーマにちなんで、これまでの人生で一歩踏み出した経験を問われた主演の阿部は「一歩踏み出して、俳優になったこと。俳優になる前は、ぼーっとして何になっていいかわからず足踏みしていた。今はこんなに多くの人に観ていただける役者になってうれしいです」と心情を吐露。さらに、司会者から「今後、新たに一歩踏み出してみたいことは?」と聞かれると「別に」とそっけなく返答。同日に初日を迎える映画『ヘルタースケルター』の主演・沢尻エリカを意識したかのような阿部のパフォーマンスに爆笑と拍手が沸き起こっていた。(古河優)

映画『ぱいかじ南海作戦』は7月14日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 14日
  5. 佐々木希、西表島での撮影中に遭遇した恐怖体験を激白!