シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

日活スター作品ずらり!創立100周年記念!「日活映画 100年の青春」特集上映決定!(1/2)

日活スター作品ずらり!創立100周年記念!「日活映画 100年の青春」特集上映決定!
「日活映画 100年の青春」

 日活が創立100周年を迎える9月に、「日活映画 100年の青春」と題し、宍戸錠、小林旭、石原裕次郎、赤木圭一郎、長門裕之、高橋英樹、渡哲也、浅丘ルリ子、吉永小百合ら希代の映画スターの名作の数々を特集上映することが発表された。

 1912年、横田商会、吉澤商店、福宝堂、エム・パテー商会の4社が合同で創立した日本活動写真株式会社に由来し、日本最古の映画会社として2012年9月10日に創立100周年を迎える日活。今回の特集上映では、日活、ひいては日本映画の歴史をなぞることのできる43作品を選定した。

 上映作品に選ばれたのは、28歳の若さで戦病死した山中貞雄監督の映画『丹下左膳餘話 百萬両の壺』から、マキノ正博監督の日本初のミュージカル映画オペレッタ時代劇『鴛鴦歌合戦』、石原裕次郎のデビュー作『太陽の季節』、フランスのヌーベルバーグに影響を与えたとされる映画『狂った果実』、左幸子がベルリン国際映画祭で日本人初の主演女優賞を受賞した今村昌平監督の映画『にっぽん昆虫記』といった充実のラインナップ。

 今年100年の生涯を閉じた新藤兼人監督が石原裕次郎主演で撮った映画『海の野郎ども』や、吉永小百合主演の映画『キューポラのある街』、日活史上最大のヒット作『愛と死をみつめて』、ジョン・ウー監督のリメイクが発表された鈴木清順監督の映画『野獣の青春』も選定された。

 今回の特集上映の応援団長に決定したテリー伊藤は「丸の内日活がまだあった頃、おしゃれをして日活映画を観に行くのが本当に楽しみでした。石原裕次郎さん、小林旭さん、そして赤木圭一郎さんが好きでした。あの頃の日活映画には、切ないヨーロッパの映画を観ているようなダンディズムがあって、ファッションも、流行の言葉も、立ち居振る舞いも、別れも、恋も、当時の憧れていたすべてがありました。最近フィルムのデジタル化が進んでいるけど、プリントの質感を映画館で味わってほしい。海辺で食べる食事の方が美味しいのと同じように、映画館でプリントした映画を観ることが最高のグルメだと思います。若い人には、日本映画がこんなにも素敵でロマンがあって、時代をリードしていたんだということを知ってほしいですね。『日活映画 100年の青春』特集上映をぜひ、映画館で観て下さい」とコメントしている。(編集部・島村幸恵)

「日活映画 100年の青春」は9月8日よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『愛の渇き』を見た【映画】三島由紀夫原作、浅丘ルリ子主演文芸ドラマ from カフェビショップ (2014年2月21日 7時10分)
    三島由紀夫原作の愛憎ドラマ。 なかなかよかったっすね。 若い浅丘ルリ子がお美しいったらないね。 和服もいいし、ふっくらほっぺの美人ってかんじで。 なんか複雑な家庭なんすよ。 一家を取り仕切る主と浅丘ルリ子はできてるんすけど、 浅丘ルリ子は主の次男の嫁だ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『紅の流れ星』を観た【映画】 from カフェビショップ (2013年8月1日 19時57分)
    渡哲也がコミカル。 日本酒が似合う渋い男、 レイバンにショットガンが似合う男みたいなイメージしかない 渡哲也ですけども、この映画での渡哲也は、 軽いコミカルな男なのです。 何事にも打ち込めない。 ケンカも女もなんだか飽きちまったぜみたいな。 陽気な口笛… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 7月
  4. 20日
  5. 日活スター作品ずらり!創立100周年記念!「日活映画 100年の青春」特集上映決定!