シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

関ジャニ∞大倉忠義が初単独主演!桐谷美玲と極上ラブストーリー

関ジャニ∞大倉忠義が初単独主演!桐谷美玲と極上ラブストーリー
大倉忠義が初単独主演でラブストーリーに挑戦! - 原作表紙とヒロインを演じる桐谷美玲

 関ジャニ∞の大倉忠義が、中村航の同名小説を原作にした映画『100回泣くこと』で映画初単独主演を務めることが明らかになった。「僕自身、これほど深い恋愛ストーリーは初めての挑戦です」と語る大倉が、ヒロイン役の桐谷美玲と共にどうこのラブストーリーに取り組んでいくのか期待が掛かる。

 映画『100回泣くこと』は、2002年にデビュー作「リレキショ」で第39回文藝賞を受賞した作家・中村航のロングセラー小説の実写化作品。『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一監督がメガホンを取り、バイク事故で記憶の一部を失った主人公・藤井と、病魔に侵されたヒロイン・佳美の切なくも美しいラブストーリーを描き出す。

 本作の主演に抜てきされた大倉は、「素直にうれしいという気持ちとともに、原作・台本を読ませていただき“本当の愛”ということについて、改めて考えさせられました。主人公の繊細な心の移り変わりや葛藤を表現できればと思います」と決意のコメント。「廣木監督、共演者の方々、スタッフの皆さんにお力を借りながら、観に来てくださった方に何か“大切なメッセージ”を伝えられるすてきな作品になるように頑張ります」と張り切っている。

 一方の桐谷は自身が演じる佳美という役柄について、「病気と必死に闘う姿、彼をいちずに思うけなげな姿、彼と一緒に過ごしているときのかわいらしい姿……どの姿も魅力的なキャラクターだなと感じました」と語り、その魅力を観客に伝えたいと意気込んだ。

 二人のキャスティングは原作者のお墨付きで、中村は「真摯(しんし)でひたむきな大倉さんと桐谷さんに以前から注目していました。お二人を通した『100回泣くこと』を心から楽しみにしています」とのコメントを寄せている。『ソラニン』の高橋泉が脚本を務め、原作にはない設定へのアレンジもあるという本作で、大倉と桐谷の二人がどんなラブストーリーを紡ぎ出すのかも注目だ。撮影は8月末から始まり、約1か月ほどを予定している。(編集部・市川遥)

映画『100回泣くこと』は2013年全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 100回泣くこと。映画は関ジャニ大倉忠義が主役でキャストもイイね from 旬な話題 (2012年8月19日 17時44分)
    100回泣くことが映画化されることとなりましたね。 この100回泣くことの映画は、あの関ジャニの大倉忠義くんが主役で キャスティングされています。 ヒロインには、桐谷美玲ちゃん。 これは、なかなか泣ける映画になると思います。 原作は、中村 航(なかむらこう)の「100回泣くこと」なんですが、 映画見る前に、是非読んでおいて欲しいですね。 ネタバレてきなのは嫌いかもしれませんが、 逆に、映画で見る前に読むからおもしろさが増すほうが多いと思いますよ。 ▼とにかく感動もの 【送料無 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 8月
  4. 16日
  5. 関ジャニ∞大倉忠義が初単独主演!桐谷美玲と極上ラブストーリー