シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

まさかの展開!?イーストウッド出演最新作がジェイク・ギレンホールの新作に敗北!【全米ボックスオフィス考】(1/2)

まさかの展開!?イーストウッド出演最新作がジェイク・ギレンホールの新作に敗北!
「ま、僅差だけどね……」 -ジェイク・ギレンホール - Jean Baptiste Lacroix / WireImage / Getty Images

 この週末は、日本での知名度はそこまで高くないジェイク・ギレンホール主演のサスペンス映画『エンド・オブ・ウォッチ(原題) / End of Watch』が、何とクリント・イーストウッドの新作をけ散らし、ジェニファー・ローレンスの新作と大接戦を繰り広げた末、首位をもぎ取り全米ナンバーワンに輝くという波乱が起きた。2,730館で封切られ1,315万ドル(約10億5,200万円)の興収を上げた『エンド・オブ・ウォッチ(原題) / End of Watch』は、第2位のジェニファー・ローレンス新作と、およそ87万ドル(約6,960万円)の僅差! (1ドル80円計算)

 1,229万ドル(約9億8,320万円)の興収で、初登場第2位となったジェニファー・ローレンス主演のスリラー映画『ボディ・ハント』の封切館数は3,083館、そして1,216万ドル(約9億7,280万円)で第3位に甘んじたクリント・イーストウッド主演映画『人生の特等席』の封切館数は3,212館と、いずれも第1位の『エンド・オブ・ウォッチ(原題) / End of Watch』を大きく上回っているにもかかわらずこの両作品はトップを取れなかったのである。

 出演俳優陣においても、『ボディ・ハント』は映画『ハンガー・ゲーム』以来ハリウッドのA級タレントとなっているジェニファーが主演。『人生の特等席』においてはイーストウッドが主演を務め、エイミー・アダムスが共演しクリントの娘を演じ、ジャスティン・ティンバーレイクがエイミーの恋のお相手を演じるという豪華キャストだ。かなりのハンデを背負っていたにもかかわらず、これらの強豪2作品を振り切って首位に輝いた『エンド・オブ・ウォッチ(原題) / End of Watch』は大したものである。

 イーストウッドの新作が不調だったことに関してはさまざまな意見が飛び交っているものの、少なくとも先日フロリダ州のタンパで行われた共和党大会での友情出演におけるイーストウッドのきてれつなアドリブ劇は、新作のPR観点から見て決してプラスにはなっていない。ステージに上がったイーストウッドは、誰も座っていない椅子を自分の横に置いて透明の(!?)バラク・オバマ大統領と妙なアドリブ劇を繰り広げたのである。これに加えて映画でイーストウッド演じるキャラがいつもの頑固オヤジ系で、ストーリー構築のマンネリ化なども新作低迷の理由に挙げられる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2012年
  3. 9月
  4. 25日
  5. まさかの展開!?イーストウッド出演最新作がジェイク・ギレンホールの新作に敗北!