シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『ONE PIECE FILM Z』が54億円突破の東映最高記録でV4!お正月を制する!【映画週末興行成績】

『ONE PIECE FILM Z』が54億円突破の東映最高記録でV4!お正月を制する!
『ONE PIECE FILM Z』東映歴代トップにまっしぐら!来週も1位の予感!? - (C) 尾田栄一郎 / 2012「ワンピース」製作委員会

 新春第1弾の動員ランキングは、映画『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』が4週連続で1位をキープし、累計動員452万4,691人、興収54億5,057万8,400円を突破した。

 2000年以降の東映作品で、最高興収となる『男たちの大和/YAMATO』(最終興収50億9,000万円)を超えた本作。さらに1990年公開の東映歴代最高興収作『天と地と』の最終配収50億5,000万円(推定92億円・公開当時は集計方式が違うため暫定の数値)にどこまで迫るかが今後の見どころとなりそうだ。

 公開3週目の『レ・ミゼラブル』は、動員170万8,674人、興収21億1,071万8,700円と早くも興収20億円を突破。中高年女性が中心だった客層は、口コミ効果で男性や若年層にまで広がっている。元AKB48の前田敦子が、本作を3回鑑賞したことをツイートするなど、リピーターも続出しているもようだ。

 3位は公開6週目の『007 スカイフォール』で興収24億円を突破。ダニエル・クレイグのボンド映画として最高興収を記録している。公開4週目の『映画 妖怪人間ベム』は82万9,561人、興収9億3,570万1,700円で10億円が間近。5位の『ホビット 思いがけない冒険』も前週動員比97パーセントと好成績でワンランクアップ。6位の『今日、恋をはじめます』は公開5週目で累計動員127万434人、累計興収15億363万8,550円を記録した。

 7位は『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』。8位の『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』は前週比124パーセントの成績で、前週12位から4ランクアップを果たした。9位の『青の祓魔師(エクソシスト) 劇場版』は25万7,293人、興収3億1,306万2,200円。さらに公開4週目の『フランケンウィニー』が前週比84パーセントで前週11位からトップ10圏内に返り咲き10位に。『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2』は惜しくもベストテン圏外に落ちた。

 今週末は、『96時間/リベンジ』『映画 鈴木先生』『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントム・ルージュ)』『青木ヶ原』『LOOPER/ルーパー』『渾身 KON-SHIN』『ゲキ×シネ「髑髏城の七人」』『ももいろそらを』『ロンドンゾンビ紀行』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 8日
  5. 『ONE PIECE FILM Z』が54億円突破の東映最高記録でV4!お正月を制する!