シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

全米監督組合賞のノミネーションが発表 番狂わせは無く

全米監督組合賞のノミネーションが発表 番狂わせは無く
初ノミネート! - ベン・アフレック - Stephen Lovekin / Getty Images

 全米監督組合(DGA)賞のノミネーションが発表され、予想通りの監督が名前を連ねた。

 映画『リンカーン』でノミネートされたスティーヴン・スピルバーグ監督は通算11度目、ベン・アフレックは初のノミネーションを獲得している。DGAの受賞者は非常に高い確率でアカデミー賞監督賞を受賞しており、オスカーの結果を予言する賞とも言われている。

 第65回全米監督組合賞授賞式は2月2日にハリウッドで開催予定。今年のノミネート監督は下記の通り。(澤田理沙)

スティーヴン・スピルバーグ 『リンカーン』
トム・フーパー 『レ・ミゼラブル』
キャスリン・ビグロー 『ゼロ・ダーク・サーティ』
アン・リー 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
ベン・アフレック 『アルゴ』


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 1月
  4. 10日
  5. 全米監督組合賞のノミネーションが発表 番狂わせは無く