シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

R指定テディベア映画が奇跡のヒット!『テッド』公開4週目もトップ!【映画週末興行成績】

R指定テディベア映画が奇跡のヒット!『テッド』公開4週目もトップ!
『脳男』にも勝っちゃった! オッサンテディベアに敵はない!? - (C) 2012 UNIVERSAL STUDIOS.All Rights Reserved. / Tippett Studio

 今週の国内動員ランキングは、映画『テッド』が動員前週比112パーセントの成績で、公開4週目にして1位をキープした。土日2日間で動員22万5,840人、興収3億2,284万4,600円を記録した本作は、興収前週比も108.1パーセントと好成績を維持。土日祝3日間では動員33万4,711人、興収4億7,691万1,000円を記録しており、その勢いは衰えを知らない。

 また累計成績も動員178万2,516人、興収24億5,842万200円で興収20億円を突破。公式サイトへのアクセス数も増加し、10代から20代の女性を中心に口コミも広がっているという。公開劇場の拡大も決定、配給元は「あらゆる予想を覆す衰え知らずのミラクル・ヒット。40億円突破という奇跡的な数字も射程圏内」と目標を上方修正した。

 生田斗真主演の『脳男』は2位に初登場。全国302スクリーン公開で、土日祝3日間で動員22万7,345人、興収3億57万7,800円を記録する大ヒットスタート。男女比は35対65で、20代が27.2パーセント、16~19歳が22.3パーセント、40代が18.7パーセント、30代が12.7パーセント、50代が12.4パーセントと幅広い年齢層が支持。鑑賞動機は「内容に興味があった」25.6パーセント、「生田斗真が好き」20.7パーセントとなっている。

 公開3週目の『ストロベリーナイト』は3位キープで、累計動員118万2,678人、累計興収14億6,313万5,800円。『アウトロー』は2ランクダウンで4位。『レ・ミゼラブル』は公開8週目にして5位を維持した。公開3週目の『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』は6位。公開4週目の『東京家族』は7位で累計動員は124万6,832人、累計興収は13億1,347万円。8位は『きいろいゾウ』。9位の『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』は、公開59日間で554万5,308人、興収67億1,437万3,450円を記録。10位は『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』。そして11位にはニコラス・ケイジ主演の『ゴーストライダー2』が初登場。130スクリーン公開で、動員4万7,983人、興収5,829万9,800円となった。

 今週末は『ダイ・ハード/ラスト・デイ』『ゼロ・ダーク・サーティ』『王になった男』『レッド・ライト』『ジャッジ・ドレッド』『映画監督ジョニー・トー 香港ノワールに生きて』『チチを撮りに』などが公開予定となっている。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)(取材・文:壬生智裕)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 13日
  5. R指定テディベア映画が奇跡のヒット!『テッド』公開4週目もトップ!