シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「牙狼」シリーズ卒業の小西遼生、雨宮監督の熱い言葉に涙!

「牙狼」シリーズ卒業の小西遼生、雨宮監督の熱い言葉に涙!
今作で「牙狼<GARO>」シリーズを卒業する小西遼生

 24日、映画『牙狼<GARO> ~蒼哭ノ魔竜~』公開記念舞台あいさつが、新宿バルト9にて行われ、主人公・冴島鋼牙を演じた小西遼生が出席した。小西は本作で「牙狼」シリーズから卒業することになっており、登壇時から目にいっぱい涙をため、感慨深い表情で作品に対する思いを語った。この日は小西をはじめ共演者の松坂慶子、久保田悠来、蒼あんな、藤田玲、そして雨宮慶太監督も登壇した。

 2005年、深夜ドラマからスタートした「牙狼<GARO>」シリーズ。長きに渡り、魔戒騎士としてホラーと戦う青年・冴島鋼牙を演じてきた小西は、登場するなり「こんなにたくさんの人が観に来てくれるなんて……」と、すでに目から涙が溢れる。そんな主役の姿に「泣くなよ」と優しく励ます雨宮監督だったが「皆さんの顔を見たらやっぱり泣いてしまいました」と小西は心境を吐露した。

 すると雨宮監督は「鋼牙の博愛心を軸に、優しい眼差しの強い男を表現させてもらいました。この姿を見られるのも、あと少しだと思うと感慨深いですが、これからも監督と役者としていい付き合いをしていきたい。あなたはわたしの宝物です」と熱いエール。それを聞いた小西は、たまらず大粒の涙を流し「いま監督にいただいた言葉、そして鋼牙という役柄が僕にとっては宝物です」と語ると、雨宮監督と抱擁を交わした。

 本作で鋼牙と対峙する女王・ジュダムを演じた松坂は、はじめてワイヤーアクションに挑戦したという。「ずっと(アクションには)憧れていたので、演じられて嬉しかったです。小西さんと戦う場面では(小西が)大きく受けてくださったので、まわし蹴りとか楽しく出来ました」と14歳から女優をはじめた松坂にとっても、この作品の現場は刺激的だったようだ。

 また、今月20日に、31歳の誕生日を迎えた小西に、サプライズでバースデーケーキが送られるという演出も。会場が一体となっての温かい舞台あいさつに、終始、涙の小西だったが、最後には満面の笑顔を見せた。

 本作は、特撮テレビシリーズ「牙狼」の劇場公開版第2弾。「ヒト」を守るために「約束の地」に降り立った冴島鋼牙(小西遼生)が、女王ジュダム(松坂慶子)らと壮絶な戦いを繰り広げる姿を描いたファンタジーアクション。(磯部正和)

映画『牙狼<GARO> ~蒼哭ノ魔竜~』は新宿バルト9ほかにて全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 2月
  4. 25日
  5. 「牙狼」シリーズ卒業の小西遼生、雨宮監督の熱い言葉に涙!