シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『貞子3D』続編の主演は瀧本美織!ホラー嫌い…泣きながら撮影

『貞子3D』続編の主演は瀧本美織!ホラー嫌い…泣きながら撮影
『貞子3D2』主演は瀧本美織! - (C) 2013『貞子3D2』製作委員会

 瀧本美織が、昨年5月に公開され興行収入15億円の大ヒットを記録した映画『貞子3D』の続編『貞子3D2』で主演を務めることが発表された。本作の舞台は、前作の5年後。瀧本は、4歳のめいを育てながら大学院で臨床心理を学ぶ24歳の女性・安藤楓子に扮(ふん)するという。

 『リング』『らせん』の鈴木光司が書き下ろした原作を映画化する本作。監督には前作を大ヒットに導いた英勉が続投。3月初旬より撮影を行っており、まもなくクランクアップを迎えるという。「3Dホラー満足度ランキング2年連続NO.1! を目指します!」と意気込む英監督は、「実はとっても怖がりで台本を手にしただけで怖がってしまう瀧本さんをほぼ毎日泣かせています」と撮影秘話を明かす。

 瀧本は「実はとても怖がりなのでお話が来たときは、心配でした。わたしが演じる楓子の周りでは、さまざまな怪事件が起こるので、撮影では、毎日怖がってばかりでした」と英監督の発言を認める一方で、「まだ、詳しくは言えませんが、派手な仕掛けのセット撮影もあり、見応えのあるものになっていると思います。わたしも今から完成が楽しみです!」と作品への期待を明かしている。

 前作から5年後、多発する突然死と数年前の「呪いの動画事件」の関係が浮き彫りになる中、大学院で臨床心理を学ぶ楓子と、共に暮らすめいも恐怖の渦に巻き込まれていくという続編。前作では、石原さとみ、瀬戸康史、染谷将太、山本裕典、橋本愛といった若手実力派俳優たちの共演も話題になったが、今作で瀧本の脇を固めるキャストについては、現時点では発表されていない。

 貞子による舞台あいさつ、始球式、渋谷スクランブル交差点ジャック、都内を巡る巨大貞子カーなども話題を呼んだ前作。映画『彼岸島』(2009)でデビューし、「てっぱん」でNHK連続テレビ小説のヒロインも経験。テレビドラマ「美男(イケメン)ですね」「ハングリー!」「GTO」「パーフェクト・ブルー」と活躍の場を広げる瀧本を主演に迎えた『貞子3D2』は、前作を上回るヒットを記録することになるのか? その他のキャスト発表などの続報を待ちたい。(数字などの情報は配給調べ)(編集部・島村幸恵)

映画『貞子3D2』は8月30日より角川シネマ新宿ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 4月
  4. 15日
  5. 『貞子3D』続編の主演は瀧本美織!ホラー嫌い…泣きながら撮影