シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

AKB渡辺麻友、秋元康にダメ出し…歌詞は全て書き直されることに

AKB渡辺麻友、秋元康にダメ出し…歌詞は全て書き直されることに
渡辺麻友と秋元康

 2013年JASRAC賞贈呈式が22日に都内で行われ、秋元康が2年連続で金・銀・銅賞をトリプル受賞した。贈呈式には、高橋みなみ、渡辺麻友、柏木由紀、小嶋陽菜、島崎遥香、入山杏奈、川栄李奈らAKB48のメンバー7名も駆け付けて秋元ら受賞者を祝福したほか、秋元が「渡辺麻友にダメ出しされた」と打ち明ける一幕もあった。

 JASRAC賞は、前年度におけるJASRAC著作権使用料の分配額が多かった国内上位3作品に贈られる賞。金賞は「ヘビーローテーション」、銀賞は「フライングゲット」、銅賞は「Everyday、カチューシャ」とAKB48の楽曲がトップ3を独占した。秋元はそれぞれの楽曲の作曲者たちと共に登壇すると、「J-POPは一人の力ではどうにもならない。多くの人に支えられてやっていける。これからもいい作品を作れるよう頑張っていきます」と感慨深げにコメントした。

 秋元の教え子であるAKB48のメンバー7人はステージに駆け付けると、秋元をはじめとした各受賞者に花束を贈呈。メンバーを代表して高橋は「わたしたちがこうして無事に活動できているのは素晴らしい歌詞、そして楽曲に恵まれているからだと思います。これからもそんな楽曲に支えられながらも、精進して頑張っていけたらいいなと思っております。皆さん、おめでとうございます」とスピーチした。

 花束を受け取った秋元は「みんな本当に成長してきてですね、昨日、渡辺麻友のソロのレコーディングの際、麻友にダメ出しされまして。全部詞を書き直しました」と打ち明ける。「それだけ本人たちが意識を持ってやるようになったと感じております。忙しい中、総選挙中駆け付けてくれて本当にありがとう」と教え子たちに感謝の気持ちを表していた。

 また、秋元は2年連続で金賞を受賞した「ヘビーローテーション」について「デモを聴いたときに口ずさみやすい、一緒に歌いたくなる曲で、どこまでヒットするかわからなかったが、いい楽曲になると思った」と回想。高橋もこれに同調して「小さなお子さんまで振り付けをまねしてくれてうれしかった。みんなで楽しく歌って踊れる曲だと思った」と同曲の受賞を喜んでいた。(取材・文:名鹿祥史)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 5月
  4. 22日
  5. AKB渡辺麻友、秋元康にダメ出し…歌詞は全て書き直されることに