シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

星野源、夏帆を「うちの妻です」 初主演映画公開に感激

星野源、夏帆を「うちの妻です」 初主演映画公開に感激
本物の夫婦みたい!? - 星野源と夏帆

 ミュージシャン・俳優の星野源が初主演を務める映画『箱入り息子の恋』の初日舞台あいさつが8日に都内で行われ、星野をはじめ、ヒロイン役の夏帆、平泉成、森山良子、大杉漣、黒木瞳、そして市井昌秀監督が登壇した。星野が夏帆を「うちの妻です」と客席に紹介すると、すかさず市井監督が「それは違う。僕が許せない」と横槍を入れるなど、客席の笑いを誘った。

 本作は、女性と付き合った経験のない35歳の健太郎(星野)が、親同士が行う「代理見合い」で、目が不自由な奈穂子(夏帆)と出会うことから始まる感動のラブストーリー。結婚式をイメージしたという金屏風の前に立った星野は「初めての主演作、この日を迎えられてうれしいです!」と大感激の様子。

 「愛を貫いていく健太郎は、僕の好きな人間のタイプ。友達にいたら、大好きになっています。自分の理想通り突き進んでかっこいいなって思う。周りに受け入れられない部分はかわいそうだったけれど、個人的にその部分もかっこいいなって」と自身の演じた役柄を分析した。

 一方、目が不自由なため、過保護に育てられてきた奈穂子を演じた夏帆は「吉野家でのシーン、デートのシーン、お見合いのシーンが印象に残っている」と振り返った。劇中でひときわ強い印象を残すシーンが吉野家で、窓から差し込む光が奈穂子の表情を美しく捉えている。

 また、夏帆の母親役を演じた黒木は「うちの奈穂子(夏帆)をよろしく」と星野に呼び掛け、「人が人を好きになるって、何なんでしょうね。魔法にかかったようなものなんでしょうね。わたし自身の出会いから結婚までを思い出してしまいました。この映画は魔法にかかったまま終わっています。魔法は解けていきます。そのあとも奈穂子をよろしく」と実体験になぞらえたアドバイスを送り、会場を沸かせた。(福住佐知子)

映画『箱入り息子の恋』は公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 6月
  4. 8日
  5. 星野源、夏帆を「うちの妻です」 初主演映画公開に感激