シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ALWAYS 三丁目の夕日』の須賀健太、18歳の不安の種は身長が止まったこと!?

『ALWAYS 三丁目の夕日』の須賀健太、18歳の不安の種は身長が止まったこと!?
同名コミックを実写化した『不安の種』キャストの(左から)長江俊和監督、須賀健太、石橋杏奈、浅香航大

 20日、渋谷のシネクイントで映画『不安の種』初日舞台あいさつが行われ、石橋杏奈、須賀健太、浅香航大、長江俊和監督が来場した。

 ごく普通の日常生活に潜む不安を独特のビジュアルで描き出し、カルト的な人気を誇った中山昌亮原作の同名コミックを実写化した本作。満席の会場を見渡した石橋は「レイトショーなのにこんなに集まっていただき、うれしいです」とあいさつし、笑顔を見せた。

 本作に出演する若手俳優たちの印象について聞かれた長江監督。『ALWAYS 三丁目の夕日』など子役時代から活躍してきた須賀に対しては「18歳にして大御所の風格がある。(撮影でも)芸歴が長いぞという感じで、座長感覚でいてくれた。演技力は安心感があって、助けていただいた」と絶賛するひと幕も。続けて須賀に「最近感じている、不安の種」という質問が投げかけられると、「リアルな不安の種は、身長が止まったんじゃないかということ。もうちょっと身長が欲しいなと。それが不安の種です」とコメントし、会場を笑わせた。

 本作は、とある街で起こったバイク事故をきっかけに、街に潜む怪奇現象が次々とあらわになるところから始まる。本作主人公の陽子(石橋)は、その怪異のものを見ることができるという能力の持ち主。彼女は、『不安の種』というタイトルを象徴するかのように、感情の起伏が非常に不安定なところが特徴で、会話をしている最中に、なぜか突如、相手に罵声を浴びせたりして、巧(浅香)や誠二(須賀)を振り回し続ける。

 清純派美少女の呼び声高い彼女にとって、まさに新境地ともいえるような役柄であるが、そんな役柄について「二人を振り回す役ですけど、そんなにいい気持ちではないですね」とコメント。そんな彼女の罵声を間近で浴びた浅香は「巧って本当にいい奴なんで、いい迷惑というかね」と切り出すと、同じく罵声を浴びせられた須賀も「本当にいい迷惑ですよね」と同意。そんな二人の共演者からの軽口に、石橋も「陽子に悪気はないですし、映画を観るとびっくりするぐらい(印象が)覆るので、早く映画を見てほしいですね」とあわてて観客に釈明(!?)をしていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『不安の種』は渋谷シネクイントほか全国順次公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 7月
  4. 21日
  5. 『ALWAYS 三丁目の夕日』の須賀健太、18歳の不安の種は身長が止まったこと!?