シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

真田広之、日本人俳優としての責任!誤解に満ちた日本のイメージを打ち破る

真田広之、日本人俳優としての責任!誤解に満ちた日本のイメージを打ち破る
ハリウッドで活躍する日本人としての意見を語った真田広之 - 写真:高野広美

 映画『ウルヴァリン: SAMURAI』に出演している俳優の真田広之が、ハリウッドで活躍する日本人俳優としての役割を語った。2003年の『ラスト サムライ』をきっかけに本格的に海外進出を果たした真田は、現在の自身の立ち位置について「虎穴に入らずんば虎子を得ずの精神で、日本で学んできたこと、培ってきたことをすりこんで、作品に貢献にしていくというふうに変わってきていますね」と明かす。

 日本が舞台になっているだけでなく、日本で本格的なロケを行ったことでも話題の本作。真田は、本作のほかにも「忠臣蔵」をモチーフにしたキアヌ・リーヴスの主演映画『47RONIN』に出演しており、日本を題材にしたハリウッド映画への出演が続く。そうした流れについて真田は「ありがたいことですが、そういうときこそ一作一作を大事にしないと、ハリウッドで日本を舞台にした映画を作ろうという意識が根付かない」と気を緩ませることはしない。

 「少し前までは、いくら日本を舞台にした作品のオファーを受けても、クオリティーに危険を感じたら避けて通っていたんですが、最近は多少の危険は承知であえて飛び込んでいます。その上で、どこまでやれるか。作品が良いものになり、興行的に成功して、また日本を舞台にした作品が作られるというように、次につなげていくというのも自分たちの世代の役割かなと思うんですよ」と真田は漏らすと、「サムライ」「ニンジャ」「ゲイシャ」に代表されるような、これまでのハリウッドが築き上げてしまった「誤解に満ちた日本」のイメージを払拭することの重要性を説いた。

 そうした精神はもちろん、『ウルヴァリン:SAMURAI』にも反映されている。自身が演じるキャラクター・シンゲンは甲冑(かっちゅう)に日本刀というスタイルでヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンに立ち向かうが、「刀は使うけれども、サムライっぽくはしたくなかったんですね。言ってしまえば、“なんちゃってジャパン”にはしたくなかった」とこだわり、着物ではなくシャツとパンツの上に甲冑(かっちゅう)を着け、手には指輪、よろいの下からはカフスボタンがのぞくという格好に挑み、現代日本とサムライのミスマッチを強調した。

 「“なんちゃってジャパン”から逸脱するために、あえてミスマッチを利用するというコラボレーションで、あのセンスは面白かったですね。ただ、衣装スタッフなんかは最初、僕が抵抗すると思ったらしいんですよ。でも、現代が舞台なのにいきなり着物に着替えて完全装備していたら、そっちの方が引くでしょう」と笑った真田。だが、その口ぶりは真剣そのもの。ハリウッドで活躍する日本人俳優として担うべき責任の大きさを感じさせた。(編集部・福田麗)

映画『ウルヴァリン:SAMURAI』は9月13日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 15日
  5. 真田広之、日本人俳優としての責任!誤解に満ちた日本のイメージを打ち破る