シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

山田孝之、役者をやっていてよかった! 充実の主演作を振り返る

山田孝之、役者をやっていてよかった! 充実の主演作を振り返る
コメントの端々に充実感をにじませた山田孝之

 俳優の山田孝之が21日、新宿ピカデリーで行われた主演映画『凶悪』の初日舞台あいさつに共演のピエール瀧、リリー・フランキー、池脇千鶴、白石和彌監督と共に出席し、「役者をやっていてよかった」と充実感をにじませた。

 死刑囚の告発をきっかけに、闇に埋もれた殺人事件を暴くジャーナリスト・藤井にふんした山田。劇中では取材に没頭するあまり、次第に狂気に取りつかれていくさまを熱演し、「藤井の気持ちの変化にやりがいがあったので、台本を読んですぐにやりたいと思いました。(ピエールとリリーとの共演にも)うれしかったですよ。楽しかったです」と振り返った。

 中でも、面会室で妻(池脇)と対峙して感情を爆発させるシーンについては「役者をやっていてよかった」と振り返るや、思わず笑みを見せるほど。池脇が「山田君、すごく楽しそうでした」と明かせば、山田も「映画っていいな、芝居って本当に楽しいなって思っていました。あのシーンはワンカットワンカット終わるたびに、にやけていました。僕が言ったらすぐ(池脇)がふわぁと顔をするのでいじめがいがあったな」とにこやかに語っていた。

 全編を通して、白石監督による徹底したリアリズムと、役者の重厚な演技が観客の心を突き破る本作。山田によると、精神的にも体力的にも酷使した撮影で最もつらかったのは、雨に打たれながらかっぱを着て、骨を探すためにショベルで土を掘るシーンだったそうで、白石監督も「雨を降らして、寒い中やってもらったほうが、藤井(山田)のいたたまれなさを出ると思って、我慢してやってもらいました」と山田をいたわっていた。

 本作は『ロストパラダイス・イン・トーキョー』の白石和彌監督が、ベストセラーノンフィクション「凶悪−ある死刑囚の告発−」を映画化した衝撃作。ある死刑囚の告白を受け、身の毛もよだつ事件の謎を追うジャーナリストの姿を描く。舞台あいさつではほかに、主人公のモデルにもなった宮本太一氏の手紙も読み上げられていた。(取材・文:中村好伸)

映画『凶悪』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 21日
  5. 山田孝之、役者をやっていてよかった! 充実の主演作を振り返る