シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「半沢直樹」で注目の駿河太郎、役者に転向した理由を明かす

「半沢直樹」で注目の駿河太郎、役者に転向した理由を明かす
トークショーに出席した駿河太郎

 笑福亭鶴瓶の息子にして俳優の駿河太郎が26日、都内で行われた映画『ソウル・フラワー・トレイン』公開記念トークショーに出席し、俳優としての思いを語った。

 コアなファンを持つマンガ家と、自主映画の世界で活躍する若手実力派監督がタッグを組む「ALEWO企画」の第1弾となる本作は、「マインド・ゲーム」のロビン西による傑作短編マンガを原作に、大阪の大学に通う娘を訪ねた男が彼女の思わぬ秘密を知る姿を描き出すロードムービー。西尾孔志監督がメガホンを取った本作に、駿河は立花肇役で出演している。

 駿河といえば、高視聴率を記録したテレビドラマ「半沢直樹」(TBS系)で、伊勢島ホテルの社長・湯浅威を演じたことも記憶に新しい。この日のトークショーでは、かつてミュージシャンとして活動していた駿河が俳優に転向した理由を明かす一幕も。「今までいろんな人が『役者にならないか』と声を掛けてくれたんですが、僕が30歳手前になるまで誘い続けてくれたのは今のマネージャーだけだった」と振り返った。

 当時20代半ばだった駿河は音楽に真剣に取り組んでいたため役者になるつもりはなかったのだが、「子どもでもない、おっさんでもない。こんな中途半端なやからに声を掛け続けるこの人は面白いなと思った」とマネージャーの熱意に負けて、30歳になったのを機に、東映の次世代を担う俳優養成プロジェクト「東映映画大学」のオーディションを受けて見事合格。俳優の道を進むことになった。

 ミュージシャンと役者を経験した駿河は、その違いについて「ミュージシャンとしての僕は曲や詞を自分で作っていたので、音楽のときは0から1にする作業だった。でも役者の場合は、すでに100あるものの中で、自分の役割が5とか10とかしかない。そういったものに、どう自分の味をプラスできるか。スタートが0ではない。少なくとも1は確実にあるから、それをどう膨らませていくかという作業だと思う」と持論を展開した。本作をはじめ、NHK連続テレビ小説「カーネーション」「半沢直樹」など、名脇役として注目される駿河の役者としての思いが垣間見えたトークショーとなった。(取材・文:壬生智裕)

映画『ソウル・フラワー・トレイン』は新宿のK's cinemaで公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 27日
  5. 「半沢直樹」で注目の駿河太郎、役者に転向した理由を明かす