シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「007」小説シリーズ最新作の著者、ボンド役にダニエル・デイ=ルイスを希望

「007」小説シリーズ最新作の著者、ボンド役にダニエル・デイ=ルイスを希望
まさしく彼こそがボンド - ダニエル・デイ=ルイス - Jeff Kravitz / FilmMagic / Getty Images

 今秋発刊となる「007」小説シリーズ最新作「ソロ(原題) / Solo」の著者であるウィリアム・ボイドは、自分が手掛ける小説が映画化されるとしたら、ボンド役にダニエル・デイ=ルイスを希望しているとThe Independenceの取材で明かした。

 「ソロ(原題)」は、1969年を舞台に、「007」小説シリーズのオリジナル著者であるイアン・フレミングのスタイルで描かれる作品になると言われている。

 ボイドは、「ダニエル・デイ=ルイスは、フレミングが描き出したボンド像に近い。彼は長身で細く、手足が長くて濃い黒髪の美男子だ。それこそ、フレミングがボンドに描いていた通りのイメージなんだ」とコメント。

 1989年の『マイ・レフトフット』、2007年の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、そして、今年の『リンカーン』で3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いているデイ=ルイスは、ボイドが脚本を手掛けた1988年の映画『イングリッシュマンinニューヨーク』(日本未公開)に出演している。

 現在、ボンド役を続投し続けているダニエル・クレイグは、以前にBBCの取材で「可能な限りボンドを演じ続ける」とコメントし、少なくともあと5作への続投が決まっていると報じられており、デイ=ルイス版のボンドの姿を見られるのは、かなり先のことになりそうだ。(鯨岡孝子)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 9月
  4. 28日
  5. 「007」小説シリーズ最新作の著者、ボンド役にダニエル・デイ=ルイスを希望