シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

北川景子、深田恭子にメロメロ

北川景子、深田恭子にメロメロ
深田恭子と北川景子

 9日、女優の北川景子と深田恭子が初共演した映画『ルームメイト』が公開初日を迎え、北川と深田、共演の高良健吾、古澤健監督が都内で舞台あいさつを行った。本作は北川・深田による女同士の戦いが見どころとなっているが、北川は「カットがかかるたびに恭子ちゃんに『大丈夫?』って聞かれるのがくせになった。本当にかわいくて」と深田にメロメロの様子だった。

 北川は美脚をあらわにした、深田は背中の開いた、それぞれ大胆な黒のドレスで登場。2人とも客入りが前日から気になっていたようで、北川が「お客さんが来なかったらどうしようと思っていました。ホッとしました」と話せば、深田も「出てくるとき静かだから、本当にお客さんがいるかなってちょっと不安だった」と満席の会場に改めて安堵の表情を見せた。

 映画については、北川は「最初に台本を読んだとき、面白くて読み止まらなかった。でもこれをどう映像化するんだろうって思ってもいました。でも、出来上がりを観るとすごくよくできていて、素直にうれしかった」と感想を述べれば、深田も「見終わった後、ぼうぜんとしてしまう映画。人の気持ちがとても深く描かれていて、1回だけ観てもなかなか理解できない内容かもしれません」と評する。

 劇中での、激しい女の戦いについては、「もう暴れてやろうって思っていたんです。崩れないように気を付ける役は多いけど、崩してもいい役はあまりないので、とても楽しかった。血のりとかも平気でした。『思いっきりかけちゃって』ってスタッフにお願いしたくらいです」(北川)、「女の戦いといっても実際はわたしばかりが景子ちゃんに平手打ちや髪の毛を引っ張ったりで、申し訳なくて」(深田)とのこと。そんな深田を、北川は「カットがかかるたびに恭子ちゃんに『大丈夫?』って聞かれるのがくせになった。本当にかわいくて」と気遣いながらも、その魅力にすっかり魅了されているようだった。

 本作は、今邑彩さんの同名小説を原案にしたサスペンスドラマ。交通事故で入院したことをきっかけに看護師の麗子(深田)と仲良くなった春海(北川)が退院後、ルームシェアを始めるが、互いに不信感を抱くようになり、やがて不可解な事件に巻き込まれていく。この日は映画の内容に絡めて「女の恐ろしさ」をイメージした世界に一つのカクテルが用意され、祝杯も行われた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『ルームメイト』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2013年
  3. 11月
  4. 9日
  5. 北川景子、深田恭子にメロメロ