シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

逢坂良太・佐藤聡美・白石涼子、『エンダーのゲーム』初日に感無量!新境地に充実感

逢坂良太・佐藤聡美・白石涼子、『エンダーのゲーム』初日に感無量!新境地に充実感
左から、白石涼子、逢坂良太、佐藤聡美

 18日、映画『エンダーのゲーム』初日舞台あいさつが、新宿ピカデリーにて行われ、日本語吹き替え版を担当した人気声優の逢坂良太、佐藤聡美、白石涼子が登壇した。本舞台あいさつは、全国22劇場に同時生中継された。

 奇想天外なストーリー展開や世界観が見どころの一つのため、公開前にはなかなか物語の内容に触れることができなかった本作。そのためか、上映後に行われた舞台あいさつでは「ようやく作品の内容の話ができます」と声優陣は目を輝かせる。

 主人公エンダー役を務めた逢坂は「二重人格じゃないかと思うぐらい、性格が入れ替わる役。精神的に不安定な部分は、何か深い要因があるんじゃないかと考えて演じました」と役づくりへのアプローチを語ると、射撃の天才少女ペトラを演じた佐藤も「頭の回転が速く、切れ者という役。割とわたしは普段からボヤボヤしているので、切れ味鋭い特徴だったり、ペトラの心の動きをどうやってセリフに乗せようかということを意識しました」と普段とは違うキャラを演じられたことに満足した表情を見せた。

 また、エンダーの姉ヴァレンタインを演じた白石は「個人的にはエンダーはかわいくて大好きなのですが、ヴァレンタインとエンダーは姉弟で、恋愛には発展しないので……」と残念そうに語ると「わたしも普段ボーイッシュな役が多く、ひたすら優しい役は貴重なので、頑張って演じました」と佐藤と同じく新たな一面を引き出すことができた役柄を楽しんでいるようだった。

 逢坂は「お客さんの顔を見て、この世界観にどっぷりのめり込んでくれたんだなってわかったのでうれしかったです」と感想を述べると「何度観ても色々な視点から楽しめる映画です」と力強く作品をアピールした。

 本作は、オースン・スコット・カードの傑作SF小説を映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のギャヴィン・フッド監督が実写映画化。昆虫型生命体に立ち向かう少年兵士たちの戦いを迫力の戦闘シーンやVFXで描いたヒューマンストーリー。(磯部正和)

映画『エンダーのゲーム』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 18日
  5. 逢坂良太・佐藤聡美・白石涼子、『エンダーのゲーム』初日に感無量!新境地に充実感