シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

松岡充、大女優・吉行和子との相思相愛ぶりをアピール

松岡充、大女優・吉行和子との相思相愛ぶりをアピール
初日舞台あいさつに登壇した松岡充

 映画『御手洗薫の愛と死』に主演する歌手・俳優の松岡充と吉行和子がそろって同作の初日舞台あいさつに出席した。年齢を越えた男女の愛憎劇を演じた松岡は「稽古のときから、吉行さんに愛されていると感じていました。大女優の数々の浮名のなかで、最新の浮名が僕だと思う」と撮影を終えても続く相思相愛ぶりをアピール。舞台上ではお互いへの気持ちをつづったラブレターの交換も行なった。

 松岡は「撮影前の稽古の段階で、毎日毎朝、吉行さんと会っているうち、吉行さんには失礼だけれど、何か付き合っているような感覚になってしまって」と言いながら「夢のような時間だった」と振り返る。すると吉行も松岡について「星の王子さまみたいにかわいくて、すぐ好きになっちゃった」とコメント。同席した両沢和幸監督が「時間をかけて稽古して、いいケミストリーを生むのが狙いだった」と明かす一幕もあった。

 初日舞台あいさつの場で再会した2人は、今の気持ちを手紙にしたためて朗読。前日の夜に何度も書き直したという松岡は「この先、僕と吉行さんがいなくなっても、この作品は残るんだと思う」と、吉行は「作品が完成した今こそ、御手洗薫になって、わたしは松岡充の活躍を見守っていきます」と読み上げ、会場もジーンと胸に響いた雰囲気に。たが最後に吉行は、松岡の女性ファンに向けて「大丈夫よ、そんなに近づいていないから、ご安心ください」と呼び掛け、笑いを誘った。

 著名な女流小説家・御手洗薫(吉行)は、不注意で起こした交通事故をもみ消すため、被害者の息子で自称作家の青年・神崎龍平(松岡)の脅迫に負け、龍平のゴーストライターとなる。だがふたりの間には、しだいに師弟愛とも異性愛ともつかぬ感情が芽生え、それが元となり、サスペンスタッチの愛憎劇へ発展していく。この日は共演の岡田浩暉も花束のプレゼンターとして登場した。(取材/岸田智)

映画『御手洗薫の愛と死』は有楽町スバル座ほかにて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 1月
  4. 18日
  5. 松岡充、大女優・吉行和子との相思相愛ぶりをアピール