シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

初登場2位も今週は挽回!アニメ映画ミスター・ピーボディーがトップ! -3月17日版【全米ボックスオフィス考】

初登場2位も今週は挽回!アニメ映画ミスター・ピーボディーがトップ! -3月17日版
日本では6月7日に公開予定です! -映画『ニード・フォー・スピード』より - (C) 2014 DreamWorks ll. Distribution Co. All Rights Reserved.

 期待されていた人気ゲームソフトの実写化作品である映画『ニード・フォー・スピード』が、初登場でガス欠状態だった今週は、家族向けアニメ映画『ミスター・ピーボディー・アンド・シャーマン(原題) / Mr. Peabody & Sherman』が2,181万ドル(約21億8,100万円)の興収を上げ2週目で首位を勝ち取った。先週の初登場では第2位だったが、観客からの評判は上々でランクアップが期待されていた。(1ドル100円計算)

 第2位は、1,920万ドル(約19億2,000万円)で57パーセント興収減の映画『300 <スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』。これまで7,841万ドル(約78億4,100万円)の興収を記録している。

 初登場第3位は、前出の『ニード・フォー・スピード』で、デビュー興収1,784万ドル(約17億8,400万円)。この結果は、同ジャンルの映画『ワイルド・スピード』シリーズで最も低いデビュー興収だった映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』以下の興収となっている。

 第4位は、リーアム・ニーソンのアクション新作映画『ノン ストップ(原題) / Non-Stop』で1,062万ドル(約10億6,200万円)。

 今週のトップ5最後は、808万ドル(約8億800万円)で、タイラー・ペリーのシリーズ映画『タイラー・ペリーズ・ザ・シングル・マムズ・クラブ(原題) / Tyler Perry's The Single Moms Club』。これまで「出せば当たる」といわれていたペリー監督だが、ここのところの作品は不発が続いており、本作も同シリーズのデビュー興収最低記録を更新という痛い結果となってしまった。

 今週末デビューの大型公開作品は2本。カーミットやミス・ピギーなどおなじみのマペットたちが総出演する家族向け映画『マペッツ・モスト・ウォンテッド(原題) / Muppets Most Wanted』、大人気ティーン小説が原作の映画『ダイバージェント』。両作品ともキッズ&ティーンパワーに押し上げられて、上位登場は確実とみられる。(ロス取材・文:明美・トスト / Akemi Tosto)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 3月
  4. 20日
  5. 初登場2位も今週は挽回!アニメ映画ミスター・ピーボディーがトップ! -3月17日版