シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

落語が題材の新作映画『もういちど』今夏公開!林家たい平の落語にゴリ感服

落語が題材の新作映画『もういちど』今夏公開!林家たい平の落語にゴリ感服
映画『もういちど』のキャストたち

 落語が題材の新作映画『もういちど』の製作現場会見が14日、深川江戸資料館で行われ、企画・主演の林家たい平、共演の富田靖子、ガレッジセール・ゴリ、子役の福崎那由他、大野百花が出席した。ゴリはたい平の落語に「優れたパントマイムを見るよう」と感服していた。

 映画の舞台は江戸時代末期。とある事情から落語の修行を諦めたたい平(林家たい平)が、町で出会った貞吉(福崎那由他)に落語を教えるうちに、亡くした息子に思いを重ねるさまを描いたヒューマン・コメディー。

 映画の撮影が行われるのは初めてだという深川江戸資料館を借り切って1月末より撮影が行われ、この日クランクアップ。貞吉の父役を務めるゴリは、「楽しかった。落語が好きになるとても贅沢な映画」と撮影を振り返り、たい平の落語についても「感動しました。聞いて、素で笑ってしまった」と大絶賛。

 同じ芸人の視点から「師匠が手ぬぐいを焼き芋に見立てて食べるシーンがあるんですが、焼き芋にしか見えなくて、影響されて自分も家で練習したほど。扇子の使い方も抜群だった」と語ったゴリ。「ひょっとしたら師匠は『シルク・ドゥ・ソレイユ』にも出られんじゃないですか」と続けて周囲を笑わせた。

 ゴリと夫婦を演じる富田も「すてきな落語が聞けてうれしかった。撮影といいつつ、落語を堪能していました」と明かし、たい平は「僕は落語に出会ったおかげで人生が豊かになりました。この映画を通じて、ひとりでも多くの方に落語に出会ってほしい。落語には日本人が現在忘れてしまったものがたくさん詰まっていて、この映画を観て、ぜひそのことに気付いていただければ」と願っていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『もういちど』は今夏公開予定


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 14日
  5. 落語が題材の新作映画『もういちど』今夏公開!林家たい平の落語にゴリ感服