シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

想田和弘監督と金獅子賞受賞監督、ドキュメンタリー映画へのアプローチ語る

想田和弘監督と金獅子賞受賞監督、ドキュメンタリー映画へのアプローチ語る
カメラが回っていないときに面白いことが起きてしまうという怖れがあると語る想田和弘監督

 今年14回目を迎え、現在開催中のイタリア映画祭のトークセッションに、昨年、ドキュメンタリー作品としては初めてベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』のジャンフランコ・ロージ監督が登壇。映画『選挙』など、事前の打ち合わせを排した「観察映画」という独自のスタイルでドキュメンタリー作を撮り、高く評価されている想田和弘監督と、「ドキュメンタリーに事前準備は必要か」という両監督の本質に関わるテーマを、熱く語り合った。

 トークでは、想田監督がまず「僕にはカメラが回っていないときこそ、おもしろいことが起きてしまうという怖れがあって、つい回してしまう。ロージ監督は、撮り始める前に時間をかけてリサーチするそうですが」と口火を切った。これに対してロージ監督は「わたしは逆に、人物を理解する前にカメラを向けるのが怖いです。画面に、わたしのその人物への理解や気持ちが映ってしまうから。信頼関係を築くためにリサーチするのであって、撮りたい画を撮るためではありません。カメラの前で自然に振舞ってもらいたいんです」と、自らのスタイルを述べる。

 「想田監督の作品は全部観ています。ドキュメンタリーといえども、出来事そのものの裏にある真実が、メタファー(暗喩)として示されるのが映画だと思う。あなたの作品にも同じくそれがあると思っています」と、想田作品を語ったロージ監督。想田監督はこれに対して「僕は、出来事に対して常にオープンでいたいから、リサーチを嫌うんだけど、ロージ監督はすべての出来事にオープンでいるためにリサーチしているんですね」と語り、各々方法は異なるが、ドキュメンタリーで目指すべきは、人々のなかにある真実という点で一致したようだった。

 ロージ監督の『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』は、ローマを囲む環状の高速道路GRAに沿って暮らしいる人々の、それぞれの物語を叙情的に描いたドキュメンタリー。「単なる人々の生活の困難を告発する映画ではない。複雑な現実を複雑なまま捉えて、観たあとにジワジワ来て、しばらく忘れられない映画です」と想田監督が評すると、ロージ監督は「2年間撮影にのめり込んで、髪も抜けましたし、実際に離婚もしました」といい、会場の笑いを誘っていた。(取材/岸田智)

「イタリア映画祭2014」はこのあと5月3日から5日まで有楽町朝日ホールで、5月10日から11日まで大阪・ABCホールで開催

映画『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』は8月16日より順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 4月
  4. 29日
  5. 想田和弘監督と金獅子賞受賞監督、ドキュメンタリー映画へのアプローチ語る