シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「想田和弘」の映画関連情報

検索語: 話題のキーワード

作品情報 (全12件)

ザ・ビッグハウス
撮影前に台本を作らず、ナレーション、BGMなどを排した独自のスタイルで注目されている想田和弘監督による観察映画第8弾。「ザ・ビッグハウス」の愛称で知られるアメリカン...う別名もある「ミシガン・スタジアム」に、想田和弘監督を含む17人の映画作家が密着。ダイナミ...
2018年6月9日公開
港町
『選挙』シリーズや『精神』などの想田和弘監督による観察映画第7弾。前作『牡蠣工場』の撮影で出会った人々にフォーカスし、穏やかな内海に面した港町の日常を全編モノクロ...工場』の撮影で岡山県の牛窓の港町を訪れた想田和弘監督は、撮影の合間に町を歩き回っていて、...
2018年4月7日公開
牡蠣工場
“観察映画”という視点で『Peace ピース』などを生み出してきた想田和弘が監督を務め、岡山県のカキ工場にカメラを向けたドキュメンタリー。瀬戸内海に面したのどかな町を舞...
2016年2月20日公開

特集・連載記事 (全6件)

【ラジカル鈴木の味わい映画館探訪記】ロケ地としても有名な深谷にある酒蔵の映画館
!画像テキスト 続けて我が故郷・埼玉県。群馬県との県境、中山道が通り宿場町として栄え“深谷ねぎ”で有名な深谷。母親が群馬出身で、JR高崎線で何度も通り過ぎたが、初めて...しています。**7月4日には『港町』の上映で想田和弘監督**がいらしてトークがありますので、是...
2018年6月24日掲載
【ぐるっと!世界の映画祭】文化侵略から映画を守る!シドニー映画祭(オーストラリア)【第48回】
!main 『マッドマックス』シリーズを産んだオーストラリア。ヒュー・ジャックマンにケイト・ブランシェットと出身スターも多いのだが、オーストラリア映画はなかなか日本に...画祭(6月8日~19日)に参加した映画作家・想田和弘監督がリポートします。(取材・文:中山治...
2016年7月27日掲載
【シネマトゥデイまとめ】あれから5年、3.11の今-まとめ-
2011年3月11日から5年が経ち、すでに100本を超える東日本大震災をテーマにした映画が制作され、被災地の現状や復興に向けて歩んでいる人たちの姿を映し出しています。それら...点で『Peace ピース』などを生み出してきた想田和弘が監督を務め、岡山県のカキ工場にカメラを...
2016年3月10日掲載

映画ニュース (全31件)

観察映画の想田監督、ビジネス化する米大学アメフトの実情に迫る
全米最大のアメリカンフットボールスタジアムを題材にしたドキュメンタリー映画『ザ・ビッグハウス』の初日舞台あいさつが9日、都内で行われ、製作・監督・編集を務めた想田和弘...から)テリー・サリス、マーク・ノーネス、想田和弘監督") まさに、アメリカ的な経営手法や社...
2018年6月10日掲載
日本の土地文化は消えてしまうのか…観察映画『港町』が目指したもの
想田和弘監督の観察映画第7弾となる映画『港町』が7日に渋谷のシアター・イメージフォーラムで初日を迎え、観客から質問や感想をぶつけられた想田監督は、本作に込めた熱き...
2018年4月8日掲載
【第68回ベルリン国際映画祭】『選挙』想田和弘監督の“観察映画”第7弾にベルリンが注目
現地時間17日、第68回ベルリン国際映画祭フォーラム部門で映画『港町』のワールドプレミアが開催され、想田和弘監督、柏木規与子プロデューサーが登壇した。本作は小さな港...
2018年2月20日掲載
【第68回ベルリン国際映画祭】衝撃的で美しい…想田和弘監督2年ぶりの新作、ベルリン映画祭に出品
『選挙』(2007)、『精神』(2008)、『演劇』2部作(2012)などで知られるドキュメンタリー作家・想田和弘監督の約2年ぶりとなる新作『港町』が、2018年4月より公開。来年...
2017年12月18日掲載
“観察映画”の想田和弘監督、猫と日本にやってくる中国人で持論展開
ドキュメンタリー映画『牡蠣工場』の初日舞台あいさつが20日、渋谷シアター・イメージフォーラムにて行なわれ、登壇した想田和弘監督が、本作の舞台である牡蠣工場で出会っ...
2016年2月20日掲載
想田和弘監督、政治的発言を行う理由を明かす「きっかけは震災」
最新作『牡蠣工場』が上映中のドキュメンタリー映画監督・想田和弘が、安倍政権批判など社会問題に鋭く切り込む“論客”としての活動の出発点について明かした。 「観察映画」...
2016年2月20日掲載
塚本晋也、想田和弘と『野火』トーク 凄惨シーン追加の理由明かす
鬼才・塚本晋也監督と、新作『牡蠣工場』の公開を20日に控えるドキュメンタリー映画監督・想田和弘が17日、渋谷のユーロスペースで行われた映画『野火』の凱旋(がいせん)..."実は塚本晋也監督とベネチアで会っていた想田和弘監督") 大岡昇平の同名小説を原作に、戦争...
2016年2月17日掲載
過疎化、震災の余波…想田和弘監督“観察映画”第6弾の初日が決定
『選挙』『精神』などで知られるドキュメンタリー作家・想田和弘監督の最新作『牡蠣工場』の初日が2月20日に決定した。同作で、想田監督は岡山県瀬戸内市牛窓町の牡蠣工場に...
2016年1月26日掲載
行政からの圧力で釜山映画祭執行委員長を詐欺容疑で起訴!映画界では「I Support BIFF」広がる
韓国釜山広域市はこのほど、釜山国際映画祭(BIFF)の会計に不正があったとしてイ・ヨングァン映画祭執行委員長を詐欺で起訴した。2014年の釜山国際映画祭で、セウォル号沈...。日本からも黒沢清、是枝裕和、阪本順治、想田和弘、塚本晋也、西川美和、廣木隆一、行定勲ら...
2016年1月19日掲載
自主映画界の現状…東日本大震災の影響、制作費の減少 海外の映画祭で訴え
スペインで開催中の第63回サンセバスチャン国際映画祭でこのほど、特集上映「ニュージャパニーズ・インディペンデント・シネマ2000ー2015」の会見が行われ、作品選定を行っ...008) 濱口竜介監督『PASSION』(2008) 想田和弘監督『精神』(2008) 行定勲監督『パレー...
2015年9月26日掲載