シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

映画『WOOD JOB!』が緑の特命大使に!染谷将太、長澤まさみら大喜び!

映画『WOOD JOB!』が緑の特命大使に!染谷将太、長澤まさみら大喜び!
「緑の特命大使」に任命され、喜ぶ染谷将太 - 左は林芳正農林水産大臣

 10日、映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』初日舞台あいさつがTOHOシネマズ日劇にて行われ、主演の染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、マキタスポーツ、矢口史靖監督が登壇した。林業をテーマにした本作が林芳正農林水産大臣より「緑の特命大使」に任命され、染谷は「大使任命なんて、生まれて初めてです。ご依頼がありましたらいつでも木を切りに行きます」と笑顔を見せた。

 日本の森林の魅力や森林づくり、木を使うことの大切さを広く伝えていく役割を担うということで任命された「緑の特命大使」。この日登壇した林農林水産大臣は「農林水産業、特に林業は地味な雰囲気ですが、この映画は素晴らしい。本作のモデルとなった林野庁が主催している『緑の雇用』事業も注目され、ホームページのアクセスが急増しているんです」と本作を評価。

 そんな作品に染谷は「昨年の夏に撮影し、やっと皆さんに届けられました。僕はこの映画ですごい青春を体験しました。役者以前に人として大きなものを得ることができました」と初日の喜びを語ると、長澤も「子供のころから矢口監督の作品が好きだったので、出演することができてうれしいです。キャラクターが生き生きとしていて、楽しくて元気いっぱいに描かれています」と満面の笑顔で映画をアピールしていた。

 また、海猿ならぬ“山猿”として無骨な山男を演じた伊藤は「アナ(『アナと雪の女王』)でもなく、お風呂(『テルマエ・ロマエII』)でもなく『WOOD JOB!』を選んでくれてありがとう」と会場を盛り上げると「日本の古き良きものを伝えている映画です。何としてでも(翌週の興行収入ランキングで)アナには勝ちたいです」と語った。

 本作は、シリーズ累計70万部を超える三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」を映画『ウォーターボーイズ』の矢口史靖監督が映画化。矢口監督は「出来上がってから多くの人に観てもらいたくてウズウズしていたので、初日を迎えられて本当にうれしい。どんな人が観ても楽しめる映画を作ったという自信があります」と力強く宣言していた。(磯部正和)

映画『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』は全国東宝系にて公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 5月
  4. 10日
  5. 映画『WOOD JOB!』が緑の特命大使に!染谷将太、長澤まさみら大喜び!