シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

同性愛者との友人関係を描いた話題作!ケルシー・グラマーの娘が語る

同性愛者との友人関係を描いた話題作!ケルシー・グラマーの娘が語る
グリア・グラマー - Jon Kopaloff / FilmMagic / Getty Images

 人気テレビ番組「そりゃないぜ!? フレイジャー」のケルシー・グラマーの娘グリア・グラマーが、新作『ライフ・パートナーズ(原題) / Life Partners』について語った。

 本作は、常に行動を共にしていた同性愛者サーシャ(レイトン・ミースター)と親友ペイジ(ジリアン・ジェイコブス)が、ある日ペイジがイケメン医師(アダム・ブロディ)に恋したことで友情を試されるさまを描いた作品。テレビドラマ「チェイシング・ライフ(原題)/ Chasing Life」の脚本家スザンナ・フォーゲルがメガホンを取り、グリアはサーシャのデート相手ミアを演じている。

 今作は、スザンナ監督と脚本家ジョニ・レフコウィツの個人的な体験を基に映画化されたが、グリアは「わたしのキャラクターは彼らの特定の知人を描いたものではないけれど、スザンナとジョニの友人関係は、まさに本作のサーシャとペイジの関係そのままなの」と語る。また、映画の出演本数の少ないグリアにとって、女性監督の演出はやりやすかったそうだ。

 サーシャとペイジのように、恋人ができたことで友人関係が変化することについては「年を重ねるうちに、友人関係に変化が訪れることも多いわ。わたしの友人も若くして結婚して、その後何の音沙汰もない人も居るし、結婚だけでなく、恋人ができただけで、友人関係がいつの間にか消滅したこともあった。ただ、恋の相手や配偶者ができると、友人関係とのバランスはもともと難しくなるもので、誰でもそれは経験するわ」と答えた。

 本作はコメディー調でありながら無理に笑わせようとしない設定が興味深く、グリアも「今作はクレイジーで大げさなドタバタ劇ではなく、実生活に基づいていて、全てのキャラクターが問題を解決しようとしている設定も良いわ」と説明する。

 モデル経験もある彼女は、いつ頃から女優志望だったのか。「ずっと女優になりたかったわ。おそらく父が成功した俳優でなくても、わたしは女優の道を選んでいたわ。なぜなら、わたしは父の活躍をテレビで観始める前から、ディズニー映画に登場する女王のキャラクターにドレスアップしたり、『マイ・フェア・レディ』を何度も鑑賞して、パフォーマンスなどもしていたから。ただ将来は、父のように『X-Men』シリーズに出演できるような俳優になりたいわ」と将来の展望も明かした。(取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hosoki)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • だから海外ドラマ「フレイジャー」は、最高のシットコムだと言ったでSHOW? from Re:play (2014年10月8日 0時52分)
    本当に人生相談を受けてる様な上品で暖かい極上コメディ!   シットコムとはシチュエーション・コメディーの略で、いくつかのシチュエーションごとに30分前後で1話として編集されたコメディードラマのことです。   編集工程で意図的に観客の笑い声が音声挿入されているのが特徴的です。日本では三谷幸喜さん作、香取慎吾くん主演の「HR」のような作品のことですね。   日本で有名な海外のシットコムは以前NHKで放送していた「フルハウス」や「フレンズ」かもしれません。  &#823 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 7月
  4. 24日
  5. 同性愛者との友人関係を描いた話題作!ケルシー・グラマーの娘が語る