シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

“ヤクザ”小栗ד刑事”生田が相棒に!人気漫画「ウロボロス」連ドラ化!

“ヤクザ”小栗ד刑事”生田が相棒に!人気漫画「ウロボロス」連ドラ化!
“刑事”生田דヤクザ”小栗!新たな名コンビの誕生! - (C) 神崎裕也/新潮社

 人気漫画「ウロボロス−警察ヲ裁クハ我ニアリ−」が俳優の小栗旬と生田斗真によって連ドラ化され、TBS系にて2015年1月より放送されることが明らかになった。二人はヤクザと刑事という誰にも知られてはいけない相棒を演じる。

 「月刊コミック@バンチ」(新潮社)に連載中でコミックス18巻・累計120万部が発売されている神崎裕也の警察漫画が原作。普段はさえないが、一旦スイッチが入ると常人離れした格闘能力を発揮する刑事・龍崎イクオ(生田)と明晰(めいせき)な頭脳とクールな立ち居振る舞いで裏社会をのし上がっていくヤクザ・段野竜哉(小栗)は、15年前、二人が育った児童養護施設で姉のように慕っていた結子先生を目の前で殺された事件を警察に隠ぺいされた過去を持つ。本作ではヤクザと刑事という秘密の関係である二人が協力して警察の闇を暴き、真実を探し出していくさまを描いている。

 身体能力の高いイクオを演じる生田は、役づくりのために格闘技などの訓練を行う予定。「5年ほど前、原作がまだ2巻しか出ていなかったころからのファンです」と明かした生田は、「もし自分がイクオをやれるならば、竜哉はこの人しかいないと思っていた小栗旬さんとの共演もかない、興奮が止まりません」と小栗が原作のイメージにぴったりだと語ると、「お互い数々の経験を経て、もう一度現場で再会できること、心からうれしく思います」と2007年のドラマ「花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス」(フジテレビ系)以来、約8年ぶりとなる小栗との連ドラでの共演に感慨もひとしおの様子。さらに「2015年、小栗旬とやってやります! この作品で爆発したい!」と作品に対する熱意を語った。

 小栗は「約8年前に共演して以来なので、とても楽しみです。生田さんもいい仕事をされてきているので、現場で見て、成長を驚きたいです」と久々に生田と共演できることを喜んだ。

 原作者の神崎は、ドラマ化されることについて「単純に『うれしい』の一言に尽きます」と切り出すと、「お二人とも他の作品でもたくさん拝見させてもらっていて、演技も存在感も本当に素晴らしい俳優さんなので、とても光栄です。キャラクターを感じたままに、ノビノビと演じていただけるといいですね。期待感ありまくりです」と興奮した様子を見せた。

 タイトルにもなっている「ウロボロス」とは、「尾を飲み込む(蛇)」という意味の古典ギリシャ語が起源で、「死と再生」「永遠」「完全性」の象徴とされている。ドラマの中では結子先生の形見である「ウロボロス」をかたどったネックレスが事件解決への大きな鍵となると同時に、イクオと竜哉の永遠の「絆」、二人と結子先生の「絆」を表している。近年、バディードラマが流行している中、「信じるのはお互いだけ」という二人の関係は新たな名コンビの誕生を予感させる。(編集部・吉田唯)

ドラマ「ウロボロス」は2015年1月よりTBS系にて放送


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 9日
  5. “ヤクザ”小栗ד刑事”生田が相棒に!人気漫画「ウロボロス」連ドラ化!