シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

第2回-東日本のことは西日本で関心が薄い?…『遺言 原発さえなければ』で知る現実【映画で何ができるのか】(1/3)

第2回-東日本のことは西日本で関心が薄い?…『遺言 原発さえなければ』で知る現実
上映会場は来年、60周年を迎える高知あたご劇場。上映中、シネマフィロソフィア3.11のメンバーは映写室を見学させてもらったという。(高知市内)

3.11以後を生きる意味について“哲学する”

 今夏、高知市内にある映画館あたご劇場で、福島・飯舘村の酪農家に東日本大震災から800日間密着したドキュメンタリー映画『遺言 原発さえなければ』(豊田直巳・野田雅也監督)の特別試写会が行われた。主催はシネマフィロソフィア3.11。高知県立大学文化学部の哲学・倫理学研究室の学生と教員によって組織された自主上映団体だ。彼らはドキュメンタリー映画を教材に、3.11以後を生きる意味について“哲学する”取り組みを行っているが、彼らの活動は地域にも影響を及ぼしているようだ。【取材・文:中山 治美】

ドキュメンタリーとは事実だけでなく作り手の意向が存在する

 シネマフィロソフィア3.11の活動は、2013年11月にスタート。上映会ごとに「福島」や「ボランティア」などのテーマを決め、その内容に添って学生たちがインターネットなどで情報を集めて作品を選定してきた。これまで上映されたのは、松林要樹監督『相馬看花(そうまかんか) -第一部 奪われた土地の記憶-』(2011)、加藤鉄監督『フクシマからの風/第一章 喪失あるいは螢』(2011)、岩井俊二監督『friends after 3.11』(2012)、梅村太郎・塚原一成監督『ガレキとラジオ』(2012)、森元修一監督『大津波のあとに』(2011)、吉田泰三監督『普通の生活』(2011)、吉本涼監督『手のなかの武器』(2012)、舩橋淳監督『フタバから遠く離れて』(2012)の8本。上映会後に『ガレキとラジオ』のヤラセ騒動が勃発し、図らずもドキュメンタリーとはいえ必ずしも真実をそのまま映し出しているのではなく、そこには作り手の意向が存在することも学んだ。

手書きのポスター
劇場ロビーに貼られた手書きのポスター。上映の告知もツイッターなどを使い学生自らが行った。(高知・あたご劇場)

3時間45分の大作映画『遺言 原発さえなければ』

 そして第6回の上映に選んだのが、上映時間3時間45分の大作『遺言 原発さえなければ』。同大3回生の村上修(21)が言う。「震災当時、僕らはちょうど大学受験だった。高知出身で実感があまりなかったこともあり、正直、震災よりも、自分の将来がどうなるのかの方が心配だった。なので、話には聞いていたが、飯舘村が放射能汚染でどんな状況にあるのかをこの映画で知りました。自分たちが得る情報はインターネットやツイッターが中心で、何が正しいのか? という判断材料はあってないようなもの。そんな中で自分はどういう視点を持てばいいのか? 考え直すきっかけになったと思います」。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 8月
  4. 21日
  5. 第2回-東日本のことは西日本で関心が薄い?…『遺言 原発さえなければ』で知る現実