シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ベネチア映画祭結果発表!日本勢は受賞逃す【第71回ベネチア国際映画祭】(1/2)

ベネチア映画祭結果発表!日本勢は受賞逃す
金獅子賞に輝いた『ア・ピジョン・サット・オン・ア・ブランチ・リフレクティング・オン・イグジステンス(英題) / A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence』のロイ・アンダーソン監督 - Venturelli / WireImage / Getty Images

 現地時間6日、第71回ベネチア国際映画祭コンペティション部門の授賞式が行われ、最高賞にあたる金獅子賞をロイ・アンダーソン監督作『ア・ピジョン・サット・オン・ア・ブランチ・リフレクティング・オン・イグジステンス(英題) / A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence』が受賞した。戦争の恐怖を真正面から描いた塚本晋也監督の『野火』は惜しくも受賞を逃した。

 『ア・ピジョン・サット・オン・ア・ブランチ・リフレクティング・オン・イグジステンス(英題)』は、アンダーソン監督が『散歩する惑星』(2000)、『愛おしき隣人』(2007)と共に構成した3部作“リビング・トリロジー”の3作目で、「鳩を見つめ続ける中年男性」や「年下のダンサーにセクハラをする女性ダンス教師」など、現代社会をシュールに風刺した、ファンタスティックでダークなユーモアにあふれたショートストーリー集。審査委員長を務めた『英国王のスピーチ』などのフランス人作曲家アレクサンドル・デスプラは「政治的、哲学的、詩的、人間的な作品を選びました」と説明した。

 また、デスプラ審査委員長は受賞を逃した『野火』について「塚本さんは素晴らしい監督です。彼の音楽も素晴らしかったですし、彼の才能はわたしたち全員が認めております」とコメント。審査員の一人である中国人女優ジョアン・チェン(『ラストエンペラー』)は「第二次世界大戦ではたくさんの人間が殺され、たくさんの都市が焼かれ、人々は拷問され、女性たちがレイプされました。日本はこれまで一度も公式な謝罪を示していません」と自身の考えを述べ、「わたしはこの映画を観てとても心を動かされ、とても素晴らしく、重要な映画だと思いました。わたしにとって力強い映画でした」と続けた。

 日本勢ではオリゾンティ部門に加瀬亮が主演した『自由が丘で』(ホン・サンス監督)が出品されたが、こちらも受賞はならなかった。(編集部・森田真帆)

受賞結果は以下の通り。

第71回ベネチア国際映画祭コンペティション部門受賞作品
■金獅子賞(最優秀作品賞)
『ア・ピジョン・サット・オン・ア・ブランチ・リフレクティング・オン・イグジステンス(英題) / A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence』(スウェーデン、ドイツ、ノルウェー、フランス)
ロイ・アンダーソン監督


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 9月
  4. 7日
  5. ベネチア映画祭結果発表!日本勢は受賞逃す