散歩する惑星 (2000)

5月3日公開 98分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
散歩する惑星

見どころ

スウェーデンCF界の巨匠ロイ・アンダーソンが、構想20年、撮影4年をかけて撮り上げたカンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞作。ある惑星を舞台に、次々と起こる不条理な出来事と、それに翻ろうされる人々の悲哀を乾いたブラックユーモアと共に描き出す。顔を白塗りにして登場する風変わりなキャスト達は、街中で監督にスカウトされたという一般の人々。また、スウェーデンの至宝・ABBAのキーボード奏者ベニー・アンダーソンが手掛けたメランコリックな音楽もポイント。

あらすじ

何やら不穏な空気が流れる、ある惑星の、ある場所。家具屋のカール(ラース・ノルド)は、保険金ほしさに自分の店に放火。だが、保険金は手に入らず、彼は大聖年(ミレニアム)に対する人々の不安な気持ちにつけ込み、十字架を高額で売り始める。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
SANGER FRAN ANDRA VANINGEN
製作国
スウェーデン・フランス
配給
  • ビターズ・エンド
カラー/ヨーロピアンビスタサイズ
(シネセゾン渋谷)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]