シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

TEAM NACS安田顕、オカマに目覚めた?「来年あたり本当に…」と怪しい笑み

TEAM NACS安田顕、オカマに目覚めた?「来年あたり本当に…」と怪しい笑み
和気あいあいな舞台あいさつ - 藤本泉、須藤理彩、安田顕、原桂之介監督

 人気演劇ユニットTEAM NACSのメンバーでもある俳優の安田顕が4日、都内で行われた映画『小川町セレナーデ』の初日舞台あいさつに、須藤理彩、藤本泉、原桂之介監督と共に登壇した。本作でオカマダンサー・エンジェルを演じた安田は、自撮りするほど自身のオカマ姿を気に入ったようで、「来年あたり本当にそうなっちゃうんじゃないかな」と怪しい笑みを浮かべた。

 先に行われた本作の完成披露試写会では、除毛の大変さを語って会場を沸かせた安田だが、この日は「とにかく肩が凝りました」と胸パットの苦労を吐露。「どういう素材なんでしょう、冷たいんですよね」と愚痴るも、「真冬に日が明ける前に『冷めてぇ』と言いながら着けて、『今日もやるのか……よし、やるか!』ってね」と、胸パットによって気合を入れていたと述懐した。

 さらに「エンジェルは僕というかメイクさんと衣装さんが作り上げてくださった作品」だといい、あまりの気に入りように須藤からは「うっとり鏡を見る回数が増えていましたよね」と暴露されると、「最後の方は毎日自撮りをしていました」と自ら明かし、笑いを誘った。

 そんな和気あいあいと進む舞台あいさつだったが、主役を務めた須藤の胸には万感の思いがあるようで思わず涙ぐむ場面も。「大切な人と観てください」と須藤がアピールすると、原監督も「お客様にご覧いただくために一生懸命頑張りました。今日がこの作品の誕生日です」と長年温めて完成した本作の初日に胸を張った。

 母・真奈美(須藤)はスナックのママ、父はオカマのダンサー(安田)、娘・小夜子(藤本)は偽オカマ。本作は、そんなちょっと不思議な家族と「スナック小夜子」に集まる人たちの物語。場末のスナックが持つ魅力、常連客が醸すわびしさや温かさ、弾けるオネエパワー、母親のたくましさを交えながら、小夜子を取り巻く世界を切なくも楽しく描きだす。(取材・文:鶴見菜美子)

映画『小川町セレナーデ』は公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 4日
  5. TEAM NACS安田顕、オカマに目覚めた?「来年あたり本当に…」と怪しい笑み