シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「攻殻機動隊」ハリウッド版の素子役はスカーレット・ヨハンソン?

「攻殻機動隊」ハリウッド版の素子役はスカーレット・ヨハンソン?
素子役がスカーレット・ヨハンソンになる可能性! 果たしてどうなる?

 映画『アベンジャーズ』シリーズのスカーレット・ヨハンソンが、ハリウッド実写版「攻殻機動隊」のヒロイン・草薙素子役をオファーされているとDeadline.comが報じた。

 当初は『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などで知られるマーゴット・ロビーが候補に挙がっていると報じられていた素子役。同サイトによるとマーゴットは、DCコミックスの悪役チームを描いた『スーサイド・スクワッド(原題) / Suicide Squad』の出演を選んだ模様。これを受けて、スカーレットに主演女優オファーが舞い込むことになったという。

 スカーレットは、主演映画『LUCY/ルーシー』(日本公開中)が全世界で4億ドル(約400億円)以上を稼ぎ出す大ヒット。そのため製作を手掛ける米ドリームワークスは、スカーレットに1,000万ドル(約10億円)という高額のギャラを提示しているということだ。(1ドル100円計算)

 同作は、押井守監督の『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』など、アニメーション作品も高評価を受ける、士郎正宗原作のSFコミックの実写版。スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが実写映画化の権利を獲得し、映画『スノーホワイト』のルパート・サンダーズ監督がメガホンを取る。(数字はBox Office Mojo調べ)(編集部・入倉功一)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 10月
  4. 17日
  5. 「攻殻機動隊」ハリウッド版の素子役はスカーレット・ヨハンソン?