シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『進撃の巨人』大迫力の劇中ビジュアル一挙公開!諫山創も太鼓判!

『進撃の巨人』大迫力の劇中ビジュアル一挙公開!諫山創も太鼓判!
大迫力! - (C) 諫山 創/講談社 (C) 映画「進撃の巨人」製作委員会

 三浦春馬主演で実写化する『進撃の巨人』(2部作・2015年夏公開)から、大迫力の劇中ビジュアルが一挙に公開され、各キャラクターのイメージが明らかになった。同時にキャスト陣の配役も発表された。

 累計発行部数4,000万部を突破した諫山創の同名大ヒット漫画を基にした本作は、諫山や樋口真嗣監督らが実写映画版のストーリーを構築する際に誕生した新キャラクターを交えつつ、巨人たちに立ち向かっていく人類の姿を描き出すファンタジー・アクション。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの鷺巣詩郎が音楽を手掛けることも決定した。

 気になる配役は、おなじみのキャラクター・エレン役を三浦が務めるほか、ミカサを水原希子、アルミンを本郷奏多、ジャンを三浦貴大、サシャを桜庭ななみ、ハンジを石原さとみが演じ、映画版新キャラクターとして登場するシキシマに長谷川博己、サンナギに松尾諭、フクシに渡部秀、ヒアナに水崎綾女、リルに武田梨奈、ソウダにピエール瀧、クバルに國村隼がふんする。

 各キャラクターのイメージについて佐藤善宏プロデューサーは「1役で3回以上の衣装合わせ、カメラテストなどを行い、役柄に沿うまですべてオーダーメイドで細部にこだわり、立体機動、衣装を作り上げました」と撮影を振り返り、「諫山先生は、俳優部が衣装を着て一堂に会した軍事訓練が初見でしたが、少し照れくさそうにご覧になりながら、具現化された衣装に太鼓判を押してくださいました」と原作者からのお墨付きに喜びを見せた。

 同作で扮装(ふんそう)統括を担当したのは、『寄生獣』のキャラクタービジュアルディレクターなどで知られる柘植伊佐夫。公開されたビジュアルでは、細部までこだわり抜かれた立体機動装置や衣装が写し出されており、原作を踏襲しつつもリアリティーにこだわった世界観は見事の一言。また、それぞれのキャラクターによって異なる意味深なキャッチコピーにも注目だ。なお、同ビジュアルは、28日より上野の森美術館で開催される「進撃の巨人展」でキャラクターポスターとして展示される予定である。(編集部・吉田唯)

映画『進撃の巨人』は2015年夏、前後篇2部作で全国東宝系にて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 11月
  4. 20日
  5. 『進撃の巨人』大迫力の劇中ビジュアル一挙公開!諫山創も太鼓判!