シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

橋本愛、お姉さんぶりを発揮!緊張する新人女優をひそひそ声で応援

橋本愛、お姉さんぶりを発揮!緊張する新人女優をひそひそ声で応援
ロリータ衣装に身を包んだ橋本愛と蒼波純

 女優の橋本愛が16日、都内で行われた映画『ワンダフルワールドエンド』先行上映舞台あいさつに蒼波純と共にロリータ衣装で出席し、緊張する蒼波を励ますなど、お姉さんぶりを発揮した。この日は、稲葉友、松居大悟監督、音楽・主題歌を担当する大森靖子も登場した。

 モデルとして芽が出ないために何とか売れようと必死な17歳の詩織(橋本)と、13歳の彼女のファン亜弓(蒼波)との交流を、リアルと虚構と音楽を交えて描き出した本作。今秋にメジャーデビューを果たした新進気鋭のミュージシャンである大森の楽曲「ミッドナイト清純異性交遊」と「君と映画」のMVを基に、松居監督が映画化した作品になっている。

 講談社主催のコンテスト「ミスiD2014」でグランプリを獲得した2001年生まれの蒼波は、本作が映画初出演。「純ちゃんがかわいいなと思った」という橋本は、緊張のあまり言葉を発せない蒼波の背中を押すべく、「いいよいいよ」「大丈夫」など隣からひそひそ声で応援。蒼波も、頼りになるお姉さんをすっかり信頼している様子で、これから発するコメントを言っていいのかどうかをひそひそ声で橋本に相談。そのほほ笑ましい2人の姿に会場からクスクス笑いが漏れた。

全体
キャスト陣がズラリ

 大森は本作に橋本が出演することを大変に喜んでいるようで、「愛ちゃんは顔もくっきりとしているので、これまでは精神的にもしっかりとした役が多かったと思うんですが、フラフラしたような、クズみたいな役をやっているところを観てみたいという欲望があって。愛ちゃんは面白いんですよ。(完成した映画の詩織は)フラフラした役だったので、こんなことになってごめんねと思いました」とちょっぴり反省する一幕も。

 また、自分の楽曲をモチーフに映画化されることについては「1回エゴサーチをしてみたら、『クリープハイブと大森靖子はムリ』というコメントが出てきて。同じ方向性のバンドなんだと思った。そのバンドの映画を作っていた人だったら安心かなと」と松居監督の『自分の事ばかりで情けなくなるよ』を引き合いに出し、会場を沸かせていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ワンダフルワールドエンド』は2015年1月17日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 16日
  5. 橋本愛、お姉さんぶりを発揮!緊張する新人女優をひそひそ声で応援