シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

王貞治お墨付き!『KANO』台湾代表を甲子園に導く永瀬正敏の鬼監督ぶりを映像で!

王貞治お墨付き!『KANO』台湾代表を甲子園に導く永瀬正敏の鬼監督ぶりを映像で!
実話を基にした感動作! - (C) 果子電影

 永瀬正敏が主演を務め、台湾で歴史的大ヒットを記録した映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』の予告編が公開され、日本統治時代に台湾代表を甲子園まで導いた実在の人物・近藤兵太郎役を務めた永瀬の鬼監督ぶりが明らかになった。

 本作は、日本統治下の1931年に台湾代表として甲子園出場を果たし、決勝まで勝ち進んだ“KANO”こと台南州立嘉義農林学校野球部の実話を基にした感動作。『セデック・バレ』2部作などを手掛けたウェイ・ダーションが製作総指揮を務め、坂井真紀、大沢たかおらが出演する。

 「日本と台湾の野球の架け橋に」という思いから、元プロ野球選手の王貞治や郭源治が栄誉顧問に就任した本作。永瀬が台湾のアカデミー賞ともいわれる第51回金馬奨で日本人初の主演男優賞にノミネートされたほか、同映画祭に参加した全作品を対象とした国際映画祭批評家連盟賞、観客賞の2つの賞を獲得するという歴史的快挙を成し遂げるなど、その熱はおさまるところを知らない。

 公開された予告編は、「知っていましたか? かつて台湾代表が甲子園に出場していたことを」というナレーションからスタート。永瀬が「俺は近藤兵太郎だ。今日から俺がおまえたちの監督になる。俺がおまえたちを甲子園に連れて行く」と話し掛ける奇跡の始まりともいえるシーンでは、「甲子園」という言葉に戸惑う青年たちに「走れー!」と大きな声で指導する永瀬の鬼監督ぶりが披露されている。

 さらに、泥だらけになっても「まだできます!」と並々ならぬ情熱を注ぐ部員の姿、「俺を甲子園に連れてきてくれて、ありがとう」と鬼監督として恐れられていた永瀬が本音を見せるシーンなど、熱い場面が次々と映し出される。日本人、台湾育ちの漢人、台湾原住民で構成されたチームであるだけに、民族を超えた交流も見どころの一つで、ケガをした投手に向かって、「打たせてやれ、俺たちが必ず守る」という言葉を掛ける部員たちの男の友情にも注目だ。(編集部・吉田唯)

映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』は2015年1月24日より新宿バルト9ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 22日
  5. 王貞治お墨付き!『KANO』台湾代表を甲子園に導く永瀬正敏の鬼監督ぶりを映像で!