どなたでもご覧になれます

KANO ~1931海の向こうの甲子園~ (2014)

2015年1月24日公開 185分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

見どころ

日本統治下の1931年に台湾代表として見事甲子園出場を果たし、決勝まで進出した台南州立嘉義農林学校の実話を基に描く感動作。『セデック・バレ』2部作などを手掛けたヒットメーカーのウェイ・ダーションが製作総指揮を務め、野球を通して友情と強い絆を育む監督と部員たちの熱いドラマを活写する。永瀬正敏が鬼監督を熱演し、彼の妻を坂井真紀が好演。民族の壁を越え、一丸となって戦う球児たちのひたむきさと純真さに心打たれる。

あらすじ

1929年、日本統治下にあった台湾で、近藤(永瀬正敏)は弱小チーム嘉義農林野球部の新監督に就任する。日本人、台湾育ちの漢人、台湾原住民の混成チームは新監督の導きでそれぞれの能力をフルに発揮し、猛特訓にも必死で食らいついていく。それまで連敗続きだったチームは少しずつ成長を遂げ、部員たちは甲子園を夢見るようになる。

映画短評

★★★★★ ★★★★★
5

3

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
KANO
製作国
台湾
制作
  • 果子電影有限公司
提供・配給
  • ショウゲート
提供
  • ソニー・ミュージックレーベルズ
  • tvk
  • 朝日新聞社
  • ミリカ・ミュージック
カラー
(新宿バルト9ほか)
リンク
公式サイト

前売券特典

オリジナルリストバンド
オリジナルリストバンド

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]