シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

第7回-閉館から約2年で復活!地元が支える映画館、豊岡劇場の工夫【映画で何ができるのか】(1/4)

第7回-閉館から約2年で復活!地元が支える映画館、豊岡劇場の工夫
豊劇新生プロジェクトのメンバー。写真左からプロジェクトリーダーの伊木翔、代表の石橋秀彦、デザイン&マネージメントの石橋未来子。

 東京・新宿のミラノ座が12月31日で58年の歴史に幕を閉じる。その一方で横浜シネマリンが12月12日にリニューアルオープンしたのに続き、12月27日には兵庫・但馬地方唯一の映画館である豊岡劇場が、閉館から約2年の時を経て復活を果たした。実現させたのは、「豊劇」(とよげき)を愛する地元住民をはじめとする熱き有志たち。目指すのは、映画上映だけではない地域のコミュニティスペースとしての拠点作りだ。存続の危機にある地方の映画館にとって、時代を切り拓くモデルケースとなりそうだ。【取材・文:中山 治美】

古き良き劇場の面影を絶妙に残して

 12月20日。12月27日のグランドオープンを前に、プレオープニング・イベントが開催された。招待されたのは、近隣住民など約60人。外観は1927年(昭和2年)に建てられた当時の外壁をまんま残しているが、一歩劇場内に足を踏み入れると古き良き劇場の面影を絶妙に残してリノベーションされた空間が広がっていた。「大ホールはそのまんまや。懐かしい~」など、あちこちから招待客の感嘆の声が聞こえてくる。生憎この日は、大ホールに新たに設置したエアコンが上手く作動せず、劇場内でも外気2℃を実感するような寒さが堪えた。だが長年、同劇場に通っていたという近所の主婦が思い入れたっぷりに語る。「この寒さも含めて懐かしいですね。昔は、冬になると支配人がだるまストーブを焚いてくれたんですよ」。

サンタ
かつての小ホールは椅子を取り払って多目的ホールに。早速、14組の親子を招待しての子供上映会が開催された

 芝居小屋としてスタートした豊劇は、戦時中は倉庫、そして映画産業華やかなりし時代は大衆文化のシンボルとして市民に愛されてきた。地元の主婦が振り返る。「昔は入れ替え制じゃなかったから、大好きな山口百恵の映画は最低2回は繰り返し観ていました。高倉健さんの『南極物語』もここで観たし、ここはロビーが狭いので、雪の舞う中、傘をさしながら劇場外に並んだこともありますよ」。

 しかし他の地方劇場同様、娯楽の多様化もあって入場者数は減少。さらに追い打ちをかけるようにフィルムからデジタルの時代へ。設備投資費が捻出出来ないことから2012年3月31日に、一度、85年の歴史に幕を下ろした。26歳のOLが振り返る。
「やっぱり、段々ヒット作が来なくなると、どうせ豊岡では観られないしという気持ちになって、豊劇に来なくなってしまいました」。

リールのライト
カフェ&バー「ajito」のカウンターを照らすのは、フィルムリールを使ったライト

有志と「豊劇新生プロジェクト」を発足し東京から移住

 苦境を聞き、立ち上がったのが同市で不動産業を営む石橋秀彦だった。石橋は豊劇で映画の虜となり、一時は映画監督を目指して北アイルランドに留学した過去を持つ。培った知識と人脈を活かして2008年には東京・ユーロスペースで北アイルランド映画祭を開催した。その映画愛を胸に、石橋は有志と「豊劇新生プロジェクト」を発足し、再生事業に乗り出した。早速、それまで活動の拠点にしていた東京から地元へ移住。今夏には、豊劇の土地と建物も購入してしまった。夫の熱意に巻き込まれる形で共に豊岡に移住し、プロジェクトではデザイン&マネージメントを担当している妻・松宮未来子がツッコむ。「マイホームもないのに、なんで映画館買うてんねん」。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2014年
  3. 12月
  4. 30日
  5. 第7回-閉館から約2年で復活!地元が支える映画館、豊岡劇場の工夫