シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

真木よう子、日本アカデミー賞司会「やりたくない」

真木よう子、日本アカデミー賞司会「やりたくない」
初司会に不安を吐露した真木よう子

 女優の真木よう子が14日、都内で行われた第38回日本アカデミー賞の優秀賞発表記者会見に出席し、授賞式で初の司会を務めることについて「できればやりたくない」と不安を語った。

 昨年、『さよなら渓谷』と『そして父になる』の演技で最優秀主演女優賞と最優秀助演女優賞のW受賞を成し遂げ、今年の授賞式の司会に抜てきされた真木は、「司会というお仕事は初めてなのでとても動揺しております。もともとおしゃべりが得意な方ではないので」と不安げな表情。

 授賞式の女性司会は例年、前年の最優秀主演女優賞を獲得した人が務めることになっており、「できればやりたくないと思ってしまうほど不安。もうどうしよう、何なんだろう、この制度……」と不満を吐露し、会場を笑わせた。

 一方、昨年に続き2年連続で男性司会を務める西田敏行も「昨年公開された作品には、わたしの出演した作品もあったはずですが、選ばれていないのはどうなんでしょうか」と笑いを誘いつつ、「今度こそという思いを持ちながら司会に専念して、次は受賞者側に回ってみたいという気持ちです」と意気込んでいた。

 なお、今年は吉永小百合主演の映画『ふしぎな岬の物語』が最多13部門で優秀賞を受賞。各部門の最優秀賞は、2月27日に港区・グランドプリンスホテル新高輪で行われる授賞式にて発表される。(編集部・中山雄一朗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2015年
  3. 1月
  4. 14日
  5. 真木よう子、日本アカデミー賞司会「やりたくない」